PC-9801U2 VRAM半減

「パソコンの機能をさらに高めた、この機動性。」

NECの8ビット機である4つのSRがキャンペーンを行うなどしていた頃に発売されたのがこのPC-9801U2ですが、不人気機種に数えられるマシンです。

U2から、初めてアナログモニタ出力が可能となりましたが、オプションの16色ボードを取り付ければ4096色中16色表示が可能で、組み込み専用の音源ボードが用意されており、FM音源・SSG音源6重和音(モノラル)使用が可能でした。CPUにはNEC開発のV30が初めて採用されています。

PC-9801U2スペック

  1. CPU:V30を8MHz稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:128KB。384KBまでの増設は本体内にPC-9801-21Nを2個増設すると良い。最大640KBまで拡張可。
  4. ビデオRAM:96KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。※キャラクタ単位に指定可
  7. カラーグラフィックス
    640×400ドット1画面
    640×200ドット2画面
    ※アナログRGB接続時4096色中8色(オプションの16色ボードを取り付ければ4096色中16色表示可)
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  8. モノクログラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット8画面
  9. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字(オプション)
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  10. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. バックグラウンドカラー:8色表示可(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  12. シリアルI/F:RS232C
  13. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  14. FDD外付け用I/F:2DD
  15. マウスI/F:あり
  16. CRT出力:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可能)
  17. カセット(CMT)I/F:オプション、拡張スロットに実装(300ボー/1200ボー)
  18. サウンドBEEP音(FM音源/SSG音源を専用スロットに実装可)
  19. 拡張スロット:16ビットのCバス2個
  20. 内蔵FDD:3.5インチ2DD(640KB)2台内蔵。
  21. HDD外付け可(I/Fボード別売)
  22. サービスコンセント:1個
  23. 電源:AC100V±10%、50/60Hz
  24. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  25. 外寸法:本体(W)398×(D)335×(H)87㎜。キーボード(W)435×(D)180×(H)34㎜
  26. 重量:本体 7.8kg。キーボード 1.2kg
  27. 主な添付品:ガイドブック、N88-日本語BASIC(86)ユーザーズマニュアル(ハードウェア解説も含む)、N88-日本語BASIC(86)リファレンスマニュアル・N88-日本語BASIC(86)プログラミング入門、N88-日本語BASIC(86)リファレンスブック、キーボード、アース線、電源 ケーブル、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、N88-(86)日本語BASICシステムディスク、デモプログラムディスク、未使用フロッピー1枚
  28. 発売:1985/05

ラインナップ

  1. PC-9801U2 3.5インチFDD×2台。本体価格298,000円

プラズマディスプレイ

カタログなどで目玉となっていたのがこのプラズマディスプレイで、198,000円もしましたが、薄型で、専用アタッシュケースも用意され、持ち運びのできるトランスポータブル機、というのも一つの売りでした。しかし、その後登場してくるモノクロ液晶画面と比べると画質が落ちるため、その後、カタログでもぱったり見かけなくなりました。

16色ボード/FM音源サウンド

この機種は標準ではアナログRGB4086色中8色表示、サウンドはBEEP音のみでしたが、オプションの16色ボードを専用スロットに実装すれば4096色中16色表示、サウンド機能も専用スロットにFM音源ボードを実装することでFM音源3音/SSG音源3音の6重和音が可能です。FM音源ボードにはMSX仕様のジョイスティックポートが2個搭載されていました。

ビデオRAMが何故か半分になる

ビデオRAMが無印PC-9801と同じ96KBに減らされています。そのため、後にソフトウェアのパッケージにはPC-9801(無印)/U2を除くと書かれるようになってしまいました。

FDDは3.5インチ2DD

初めて3.5インチFDDが採用されましたが、すでに時代遅れとなっていた2DD(640KB)仕様のため、市販ソフトの辞書が収まらない状況になります。

不人気機種、値引率も大

小型軽量化は良かったのですが、ビデオRAMが半減していることやメインメモリを増設しないと使い物にならない、ということから、あまり人気が出ずに終わります。その後登場するVMシリーズが主力になるのですが、この問題は1年後に登場するUV2で解決することとなります。

寸評:持ち運びのできないポータブル機

スポンサーリンク

あとがき
初代PC-9801の小型版、という印象のデザインだから、という訳ではないだろうが、VRAMが半減しており、市販ソフトには動作条件として、初代機/U2を除く、という表示がついた理由である。不人気機種のため値引率も高かった。
コメント
関連記事

コメントする