PC-9801UR/UF 98NOTEのメモリが使えるコンパクト機

「都市空間を考えた省スペースデスクトップ」

コンパクト機で人気のあったPC-9801UV11の後継機としてDA/DS/DXと同時発売されたのがこのUR/UFです。このマシンは、PC-9801NV用のEMSメモリが使えるのが特徴で、URはRAMディスクを装備しています。

PC-9801UR/UFスペック

  1. CPU:V30HL8/16MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:640KB。最大12.6MB(98NOTE NV用で増設)
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)
    8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。キャラクタ単位に指定可)
  7. カラーグラフィックス表示
    640×400ドット2画面表示
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  8. モノクロディスプレイ接続時
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  9. 漢字表示標準搭載
    JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    グラフィックス/テキスト画面に表示可
  10. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。URはFDD1台とRAMドライブ1台装備。
  12. HDD:内蔵可※UR/20は20MB内蔵(SASI)
  13. 外付けFDD用I/F:2HD
  14. シリアルI/F:RS232C準拠
  15. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  16. マウスI/F:バスマウス仕様
  17. CRT接続:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ
  18. サウンド:FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ/BEEP音
  19. 拡張スロット:16ビットのCバス2個
  20. サービスコンセント:1個
  21. 電源:AC100V±10%、50/60Hz
  22. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  23. 外寸
    本体(W)305×(D)240×(H)87㎜
    キーボード(W)435×(D)180×(H)34㎜
  24. 重量
    UF / UR4.4kg
    UR204.8kg
    キーボード1.2kg
  25. 主な付属品:キーボード、電源ケーブル、アース線、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、グリーティングカード
  26. 添付FD:N88-日本語BASIC(86)システムディスク、辞書ディスク(1)、辞書ディスク(2)、、PCトレーニングディスク
  27. 付属マニュアル:ガイドブック、日本語入力マニュアル、N88-日本語BASIC(86)Ver6.2関連(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、BASIC入門)
  28. 1991/2発売

ラインナップ

  1. PC-9801UF:3.5インチFDD×2台。HDDなし(内蔵可)価格218,000円
  2. PC-9801UR:3.5インチFDD×1台。RAMディスク。HDDなし(内蔵可)価格218,000円
  3. PC-9801UR/20:3.5インチFDD×1台。RAMディスク。HDD20MB内蔵(SASI)価格348,000円

型番のFはフロッピー、RはRAMディスクを意味するようです。デジタルRGBコネクタとモノクロディスプレイ端子は共用となりました。

UV11と同じように、縦置きで使うのが標準です。

すでにV30の時代も終わりになりつつありましたが、数年MS-DOSで使えればよい、と割り切るのなら店頭で格安に購入できるこのマシンを選ぶのも決して悪い選択ではないといえました。

CPUはV30HLなので、NEC版のMS-Windows3.0が利用できません(エプソン版ならV30でも動作した)。

UF/URはV30系CPUを使用しており、グラフィックスには例外的に(PC-98DO+も)EGCを使用して高速化を図っていました。ゲームソフトではVX以降と書いてある場合、それは286以上のCPUをいっているのか、EGC搭載を条件としているのかで微妙な点があり、動作という点では微妙な機種となっていました(ゲームソフトハウス側でも、UF/URでの動作保証しないところが多かった)。

これらの問題は翌92年発売のPC-9801USで解決しています。

スポンサーリンク

あとがき
Windows3.0日本語版発売と重なっており、パソコン雑誌などで随分取り上げられていたが、実際にはまだまだこれからという段階で、パソコン雑誌などで語られているような夢物語が実現できるほど現実は甘いものではなかった。Windows3.0用に作られたソフトはまだ店頭で見ることがなかったのがその証明であり、MS-DOS全盛期であることの裏付けでもあった。このマシンを選ぶのも決して悪くない選択だった。
コメント
関連記事

コメントする