PC-9801US CPUはFXよりも上のコンパクトな名機

「欲しいと思っていた、家族みんなで使えるコンパクト32ビット」

小型軽量の人気機種がUの型番がつくモデルで、このUSは前年発売のUR/UFの後継機種で、CPUは386SXの16MHzに向上しています。Windows3.0を意識した内容にもなっています。

PC-9801USスペック

  1. CPU:i386SX 16MHz。コプロセッサ使用可(i387SX)
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:1.6MB。最大14.6MBまで拡張可(内部スロットに2MBまで内蔵可。残りは拡張カードスロットに増設)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. 外付けFDD用I/F:2HD
  12. マウスI/F
  13. CRT接続:アナログRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)。
  14. サウンド:FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ/BEEP音
  15. 拡張スロット:16ビットのCバス2個。拡張カードスロット1個(98NOTEと互換)
  16. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。
  17. HDD:内蔵可(98NOTE用) ※内蔵モデルあり

拡張スロットが2個の他は、PC-9801FXよりも性能が向上しており、しかも価格が安くコンパクトであるのが大きな点であり、98NOTEと互換のカードスロットがあるので、98NOTE用のオプションも使うことが出来ます。また、HDDは98NOTE用を内蔵できるようになっています。

PC-9801USラインナップ:1992年7月発売。

  1. PC-9801US:248,000円なし(内蔵可/98NOTE用HDDパック)
  2. PC-9801US40:358,000円40MB内蔵(98NOTE用HDDパック)
  3. PC-9801US80:418,000円80MB内蔵(98NOTE用HDDパック)

他社の機種を持っているユーザーもこのマシンがあれば何かと重宝したことは間違いなかったと思います。

あとがき
USは、テレビCMにもよく流され(「98買いに行こう」がキャッチフレーズ)、場所をとらないコンパクト機、しかもWindows3.0が動くということで、人気を博した。拡張スロットは2個と少ないものの、HDDやメモリ増設は専用スロットを使うことで無駄にせず済む。CPUはPC-9801FXよりも向上している。
関連記事