PC-9801UV11 小さくなって使いやすい

「省スペースと低消費電力を実現した高機能のパーソナル16ビット」。

1988/03発売のPC-9801UV11は、UV21のモデルチェンジ版で、見た目の印象はとても小さい、ということです。標準では、縦置きにして使う、ということのようです。

UV11は、RA/RS/RXが全盛期だった頃も人気が高く、納期まで数ヶ月待ちとなったことがあります。他社の機種を使っているユーザーもこのマシンがあれば何かと重宝すること間違いなかったからです。

PC-9801UV11スペック

  1. CPU:V30を8MHz/10MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:640KB。最大6.6MB
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. アナログRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載(テキスト/グラフィックス画面に表示)
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. 8インチFDD外付け用I/F:オプション
  12. 外付けFDD用I/F:2HD
  13. マウスI/F:あり
  14. カセット(CMT):オプション、拡張スロット内に実装(300ボー/1200ボー)
  15. CRT接続:UV11はアナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)接続可。
  16. サウンド:FM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ 外部オーディオ出力端子あり/BEEP音
  17. 拡張スロット:16ビットのCバス2個
  18. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD両用FDDを2台内蔵。
  19. HDD:外付け可(I/Fボード別売、拡張スロット内に実装)
  20. 外寸法:本体(W)305×(D)240×(H)87㎜ 5.1kg キーボード(W)435×(D)180×(H)34㎜ 1.2kg
  21. 主な添付品:ガイドブック、ハードウェアマニュアル、N88-日本語BASIC(86)ユーザーズマニュアル、N88-日本語BASIC(86)リファレン スマニュアル・N88-日本語BASIC(86)プログラミング入門、N88-日本語BASIC(86)リファレンスブック、キーボード、アース線、電源 ケーブル、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、グリーティングカード、N88-日本語BASIC(86)システムディスク、ユーティリティプログラムディスク、PCトレーニングディスク、未使用フロッピー1枚

ラインナップ

  1. PC-9801UV11:265,000円

UV11は、Uシリーズの中では唯一、サウンドの切り離しが利かないことで、このメモリ領域を使うRAMディスクの使用ができません。また、この大きさでHDDを内蔵させることも技術的にはそれほど難しいことではないように思えますが、このあたりの点は次のUR/UFで解決することになります。これを除けば、PC-9801の中ではコストパフォーマンスが高く、お買い得だったことは間違いありません。但し、初めてPC-9801を購入するとすれば、の話です。

あとがき
PC-9801では一体型モデルはあまり人気がなくむしろコンパクトなUシリーズの方が人気があり、UV11はRA/RS/RXのR三兄弟全盛期の頃でさえバックオーダーがあるほどの人気だったという。
関連記事
前のページ:≪ PC-9801UX21/41 i286標準機
次のページ:PC-9801CV21 ≫