PC-9801UV2 真3.5インチスタンダードマシン

「ビジネス機能をコンパクトに凝縮したパーソナル16ビット」。

1986年5月発売のPC-9801UV2は、本体機能は3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台搭載した他はVM2と全く同じです。後は、16色ボード/FM音源サウンドを標準装備し、拡張スロットを2個とすることで価格を下げたものと考えると良いでしょう。

位置づけはU2の後継機種ですが、実際にはFシリーズとVMシリーズ以上の差があり、わずか2万円のアップで発売されており、このマシン登場後、市販ソフトにはVM/UV以降という稼働条件が書かれるようになります。

PC-9801UV2スペック

  1. CPU:V30 10MHz/8MHz 切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:384KB。本体内にPC-9801-21Nを2個増設することで最大640KBまで拡張可。
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。※キャラクタ単位に指定可
  7. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  8. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  9. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字(オプション)
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  10. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. バックグラウンドカラー:8色表示可(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  12. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD両用FDDを2台内蔵。
  13. 外付けFDDI/F:2HDのFDDを接続可
  14. HDD外付け可(I/Fボード別売)
  15. シリアルI/F:RS232C準拠
  16. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  17. マウスI/F:バスマウス仕様
  18. カセット(CMT)I/F:オプション、拡張スロット内実装可(300ボー/1200ボー)
  19. CRT接続:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  20. サウンド:FM音源3重和音/PSG3重和音8オクターブ標準搭載(外部オーディオ接続可)/BEEP音
  21. 拡張スロット:16ビットのCバス2個
  22. サービスコンセント:1個
  23. 電源:AC100V±10%、50/60Hz
  24. 使用条件:10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  25. 外寸法
    本体:(W)398×(D)335×(H)87㎜ 7.8kg
    キーボード:(W)435×(D)180×(H)34㎜ 1.2kg
  26. 重量
    本体:7.8kg
    キーボード:1.2kg
  27. 主な添付品:ガイドブック、N88-日本語BASIC(86)ユーザーズマニュアル(ハードウェア解説も含む)、N88-日本語BASIC(86)リファレン スマニュアル・N88-日本語BASIC(86)プログラミング入門、N88-日本語BASIC(86)リファレンスブック、キーボード、電源ケーブル、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、N88-日本語BASIC(86)システムディスク、デモプログラムディスク、未使用フロッピー1枚
  1. 1986年5月発売

ラインナップ

  1. PC-9801UV2:3.5インチFDD×2台。価格318,000円

CPUはNECのV30ですが、VMシリーズと同じ10/8MHz切り替え方式となっています。また、3.5インチFDDは2HD/2DD両用のものを2台搭載しています。

デザインはVM2の小型版、というイメージを出していますが、16色ボードやFM音源が標準装備されていることから、コストパフォーマンスはかなり高いことが分かります。

FM音源標準装備

PC-8801MKIISRシリーズと同じFM音源3重和音・SSG音源3重和音8オクターブを標準装備とし、前面スピーカーから流れる他、外部スピーカーとの接続端子もあります。ボリュームは前面カバーを開けるとディプスイッチの左側にスライド式のものがあります。U2用オプションであったジョイスティックポートは削除され、その部分はプラスチックカバーで塞がれています。

3.5インチフロッピーは扱いやすいが価格が高い

3.5インチFDは取り扱いやすいですが、価格がネックでした。特に2HDのものは当時5インチのものと比べ倍近かったと思います。

個人ユース向けの低価格機の初代マシン

3.5インチFDD搭載機は、ラップトップ機やUR/UF、USといった小型普及機に多く採用され、PC-8801が終焉を迎える頃(1988年以降)になると、個人向けのマシンとしてもかなり台数が出るようになります。

1986年当時はまだ3.5インチFDは高価だったとはいえ、将来3.5インチが主流になることを見越してこのマシンを買う人も少なくはなかったと思います。また、このパソコンはFM音源標準搭載のためこの機能を生かしたデモンストレーションが店頭などでよく流されていたのも印象的でした。

スポンサーリンク

あとがき
当時としては珍しかった16ビット機でFM音源標準装備、という機能を生かし、アニメーションとFM音源を使ったデモンストレーションがパソコンショップでよく流されていたし、DISK-BASICと一緒に付属していた。また、1986年のOh!PCには、PC-8801mk2MRを例にした比較記事も出たが、勿論16ビット機と8ビット機を比較すること自体無理があるが、今後は16ビット機の時代になることを確信させたと思う。
コメント
関連記事

コメントする