PC-9801UX21/41 i286標準機

高機能を凝縮した3.5インチタイプのビジネス標準機

1987年10月発売のPC-9801UXは、i80286を搭載した3.5インチFDDマシンです。拡張スロットが3個に増えたので、その分高さが増えました。

また、3.5インチFDDモデルの特徴であるFM音源サウンドが標準搭載されています。また、マウスコネクタが前面に移動しています。

PC-9801UXスペック

  1. CPU:i80286 10/8MHz。V30 8MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:640KB。最大6.6MB
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. アナログRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. デジタルRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット4画面8色表示/640×200ドット8画面8色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  9. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. シリアルI/F:RS232C
  11. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  12. 8インチFDD外付け用I/F:オプション
  13. 外付けFDD用I/F:2HD
  14. マウスI/F
  15. カセット(CMT):オプション、拡張スロット内に実装(300ボー/1200ボー)
  16. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  17. サウンドFM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ/BEEP音
  18. 拡張スロット16ビットのCバス3個
  19. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  20. HDD:内蔵可(SASI)※UX41は20MBのHDDを内蔵(SASI)

PC-9801は、型番の後ろに「1」がつくモデルは最終モデルであり、UXは最初から最終モデルで出た、ということとなり、後継機種は別の型番になることとなります。

このモデルからV30が8MHz固定となり、扱いが軽くなっています。NECはV30をメインに使うことはあきらめたような印象があります。

ラインナップ:1987/10発売

  1. PC-9801UX21:348,000円 3.5インチ2HD/2DDのFDD2台内蔵/SASIのHDD内蔵可
  2. PC-9801UX41:545,000円 3.5インチ2HD/2DDのFDD2台内蔵/SASIのHDD20MB内蔵

このマシンは、5インチFDDのVXよりも8万円以上も安く、またFM音源がついていることから、ゲームもするのであれば買って損はないといわれました。ただ、まだ3.5インチFDの値段が高かったのが一つのネックでしたし、内蔵FDDの違いだけで半年以上もリリースが遅れるという不思議なことがRシリーズまで続きます。

スポンサーリンク

あとがき
3.5インチFDDモデルは何時も登場が遅れていた。V30の32ビット化はあきらめたらしく、本機からはV30の扱いも軽くなっている。拡張スロットは3個だが、FM音源が標準装備なので個人用途なら、VX21にFM音源をスロットに取り付けるとやはり3個空きなので、価格が安い分良い。
関連記事