PC-9801VF2 ※1985/7発売~2DDのFDDは疑問だ

「16ビットパソコンをリードする高水準の機能」※VF2

PC-9801VF2はPC-9801Fシリーズの後継機種で、VMシリーズと同じ1985年7月発売。CPUはVMと違い8MHz固定となっている。FDDは2DDを2台搭載しており、FDDなしモデルはない。VF2ではメインメモリは256KBとVMよりも容量が少ないので、購入後は384KBに増設する必要がある。

スポンサーリンク

PC-9801VFスペック

  1. CPU
    V30を8MHz固定稼働。
    コプロセッサ使用可。
  2. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    RAM256KB内蔵。
    本体内にPC-9801-21Nを増設することで最大640KBまで拡張可。
  4. ビデオRAM
    192KB。16色ボード装着時256KB。
  5. テキストRAM
    12KB。
  6. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。※キャラクタ単位に指定可
  7. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中8色(オプションの16色ボードを取り付ければ4096色中16色表示可)
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  8. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  9. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字(オプション)
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  10. 画面合成
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. バックグラウンドカラー
    8色表示可(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  12. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、10ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  13. 内蔵FDD
    2DDのFDD2台内蔵。
  14. シリアルI/F
    RS232C準拠
  15. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様に準拠
  16. 外付け用FDDI/F
    2DDのFDD接続可
  17. HDD
    外付け可(I/Fボード別売)
  18. マウスI/F
    バスマウス接続可
  19. カセット(CMT)I/F
    オプション、拡張スロット内実装可(300ボー/1200ボー)
  20. CRT接続
    アナログRGB
    デジタルRGB
    モノクロディスプレイ
    家庭用テレビ接続可(別売テレビアダプタが必要)
  21. サウンド
    オプション
  22. 拡張スロット
    16ビットのCバス4個
  23. カレンダ時計
    電池によるバックアップ
  24. サービスコンセント
    2個
  25. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  26. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  27. 外寸法
    VF2本体:(W)420×(D)345×(H)150㎜
    キーボード:(W)470×(D)195×(H)38㎜
  28. 重量
    VF2:10.3kg。
    キーボード:1.6kg
  29. 主な添付品:ガイドブック、N88-日本語BASIC(86)ユーザーズマニュアル、N88-日本語BASIC(86)リファレンスマニュアル・N88-日本語BASIC(86)プログラミング入門、N88-日本語BASIC(86)リファレンスブック、キーボード、電源ケーブル、 モノクロCRTケーブル、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、N88-日本語 BASIC(86)システムディスク、デモプログラムディスク、未使用フロッピー1枚
  30. 価格
    348,000円
  31. 発売
    1985/7

グラフィックスはアナログRGBモニタ利用時は640×400ドット時4096色中8色選択となる(オプションで16色表示)。

また、CPUは8MHz固定、FDDは2DDのみの対応である他はVMと同じ。すでにFDDは2HDの時代に入っており、Fシリーズの後継機種はこれで終了した。

オプション

  1. PC-9801-21N 128KB増設メモリ 10,000円
    本体内専用スロットに実装することで、640KBまで増設可(3枚必要)
  2. PC-9801-24 16色ボード 20,000円
    4096色中16色表示を実現するためのボード。本体内専用スロットに実装
  3. PC-9801-28 拡張漢字ROMチップ 7,000円
    JIS第一/第二水準に含まない漢字388文字内蔵。本体内ソケットに実装

ホビー向けオプション

  1. PC-9801-26/K サウンドボード25,000円
    FM音源3音とSSG音源3音の6重和音8オクターブのサウンドボードで、PC-8801mk2SRと同じ機能を実現。ボード上にスピーカーが搭載されており、バックには外部オーディオ端子とMSX規格のジョイスティック端子2個が用意されている。拡張スロットに実装
  2. PC-9801-25 スーパーインポーズボード 58,000円
    ビデオやテレビとパソコン画面を合成する。640×200ドットのデジタルRGBのみ対応。V30機のみ使用可

VF2はVMシリーズの影に隠れて全く目立たなかった。また、すでにフロッピーは2HDが常識となりつつある時期に何故2DDのみ対応の機種を出したのかが疑問だった。

寸評:VMの引き立て役マシン

FDはすでに2HDの時代なのに何故か2DD、CPUのクロックは8MHz固定と、疑問を持ってしまうのがこのVFという機種だが、価格はその分安いので、この機種を選ぶ人もいた。圧倒的にVM2の人気が高かったので、VF2の存在自体不思議なラインナップと言える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました