PC-9801VM11 VMの最終バージョン

「あらゆるオフィス業務を手堅くこなす実力派16ビット。」

今さらVMでもないだろうに、という時期になりつつある1988年。VMシリーズ後期に当たるVM11が発売された。VM中期のVM21よりも6万円以上安くなり、性能は変わらないが、筐体をRシリーズと同じものにしたのが外見上の違いだ。

スポンサーリンク

PC-9801VM11スペック

  1. CPU
    V30を8MHz/10MHz 切り換えて稼働。
    コプロセッサ使用可。
  2. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    640KB。最大8.6MBまで拡張スロット内増設可
  4. ビデオRAM
    256KB。
  5. テキストRAM
    12KB。
  6. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用
    文字及びグラフィック記号(248種)リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。キャラクタ単位に指定可)
  7. カラーグラフィックス表示
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色表示
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  8. モノクロディスプレイ接続時
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  9. 漢字表示標準搭載
    JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字(オプション)
    グラフィックス/テキスト画面に表示可
  10. 画面合成
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. バックグラウンドカラー
    8色表示可(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  12. 内蔵FDD
    5.25インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  13. FDD外付け用I/F
    2HD接続可
  14. HDD
    内蔵可(SASI)
  15. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、10ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  16. シリアルI/F
    RS232C準拠
  17. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  18. マウスI/F
    バスマウス仕様
  19. CRT接続
    アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ
  20. サウンド
    オプション
    拡張スロット
    16ビットのCバス4個
  21. サービスコンセント
    2個
  22. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  23. 使用条件
  24. 10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  25. 外寸
    本体 (W)420×(D)345×(H)150㎜。
    キーボード (W)470×(D)195×(H)38㎜。
  26. 重量
    本体8.3kg。キーボード1.6kg。
  27. 主な付属品
    キーボード、電源ケーブル、アース線、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、グリーティングカード、ケーブルカバー
  28. 添付FD4枚
    N88-日本語BASIC(86)Ver6.0関連システムディスク、辞書ディスク1、辞書ディスク2。PCトレーニングディスク。
  29. マニュアル
    N88-日本語BASIC(86)Ver6.0関連(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、BASIC入門)。ガイドブック、ハードウェアマニュアル。
  30. 発売
    1988年11月
  31. 価格
    328,000円

すでに、互換機メーカーのEPSONが立派な互換機を出しており、それはVMよりもずっと値段が安かった。世間はOS/2だ、プロテクトメモリだ、と騒いでいた時期だったので、何故VMなのか、と思ってしまう。このことは、PC-9801が如何にソフトが豊富で使えるマシンか、ということを物語っているといえる。

VMシリーズはR三兄弟が出るまで続いていた。

5.25インチFDD搭載モデルのV30マシンはVM11で終了したが、V30マシン自体は3.5インチFDD内蔵モデルが1991年頃まで引き続き発売された。

寸評:バイトで買えるパソコン

スポンサーリンク

あとがき
パソコンショップの人に聞いたら、結構出ていたという。教育関係とか、速度を必要としない分野とかだそうだ。なるほど、普通のユーザーなら、多少速度が遅くても「純正」を選ぶのだろう。
コメント
関連記事

コメントする