PC-9801VM11 VMの最終モデル

「あらゆるオフィス業務を手堅くこなす実力派16ビット。」

今さらVMでもないだろうに、という時期になりつつある1988年、NECからVM11が発売されます。VM21よりも6万円以上安くなり、性能は変わりませんが、筐体をRシリーズと同じものにしたのが外見上の違いです。

PC-9801VM11スペック

  1. CPU:V30を8MHz/10MHz 切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:640KB。最大8.6MBまで拡張スロット内増設可
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. アナログRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. デジタルRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット4画面8色表示/640×200ドット8画面8色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  9. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. シリアルI/F:RS232C
  11. プリンタI/F::セントロニクス社仕様
  12. 8インチFDD外付け用I/F:オプション
  13. FDD外付け用I/F:2HD接続可
  14. マウスI/F
  15. カセット(CMT)I/F:オプション、拡張スロット内実装可(300ボー/1200ボー)
  16. CRT接続:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  17. サウンド:BEEP音(オプションでFM音源/SSG音源拡張スロット内搭載可)
  18. 拡張スロット16ビットのCバス4個
  19. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  20. HDD外付け可(I/Fボード別売)

ラインナップ

  1. PC-9801VM11:1988年11月、328,000円

すでに、互換機メーカーのエプソンがVM11よりずっと安く、立派な286マシンを出していたし、世間はOS/2だ、プロテクトメモリだ、と騒いでいた時期だったので、何故VMなのか・・・と思う人も少なくなかったことでしょう。

実売価格はおそらく25万円ぐらいだったと思われるので、純正にこだわるなら結構お買い得マシンだったとはいえます。販売店によっては教育関係や速度をさほど必要としないといった用途では結構出ていたという例もあったといいます。

5インチFDD搭載モデルのV30マシンはVM11で終わりましたが、V30マシン自体は3.5インチFDD内蔵モデルが1991年頃まで引き続き販売されます。

あとがき
EPSONが立派な互換機を出しており、それはVMよりもずっと値段が安かったが、純正を好む人は敢えてVMを選ぶ例もあったという。とはいえ、今更VMでもないだろうに、と思うのも正直な印象だった。シリーズとしてはR三兄弟が出るまで続いていた。
関連記事