PC-9801VM0/VM2/VM4 ※1985/7発売開始

「16ビットパソコンは高次元へと限りなく加速する」※VM0/VM2
「拡がるビジネス・パワーを実感させるこの性能」※VM4

PC-9801のベースとなったのはこのVMシリーズからで、2HD/2DD両用FDDの採用、アナログディスプレイ接続など、基本となる機能が採用されている。その後のモデルチェンジでは、286や32ビットCPUの採用、EGCの採用などが行われたが、サードパーティーは新機能には特化せず、「早いVM」としてハードやソフトを開発しており、16ビット機の標準機といえるマシンである。

スポンサーリンク

PC-9801VMスペック

PC-9801VM0/VM2カタログ
  1. CPU
    μPD70116-10(V30) 10/8MHz
    ※切り替えて使用。
  2. コプロセッサ
    i8087
    ※メインCPU8MHz時のみ使用可
  3. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB
  4. メインRAM
    384KB。最大640KB。
    ※メモリ増設時は専用スロット内にPC-9801-21K(128KB)を使用すると拡張スロットを占有しない。
  5. VRAM
    192KB
  6. テキストRAM
    12KB
  7. テキスト表示
    80文字×25行、80文字×20行 40文字×25行、40文字×20行
    ※上記のいずれかを選択可
    文字及びグラフィック記号(248種)
    キャラクタ単位にアトリビュート設定可。リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。
  8. カラーグラフィックス表示
    640×400ドット時2画面
    640×200ドット時カラー4画面
    ※4096色中8色表示。16色ボード(PC-9801-24)装着時4096色中8色表示。(アナログRGBディスプレイ接続時)
    ※8色表示(デジタルRGBディスプレイ接続時)
  9. モノクログラフィックス表示
    640×400ドット時8画面
    640×200ドット時16画面
  10. 画面合成
    テキスト画面/グラフィックス画面合成時優先順位設定可
  11. バックグラウンドカラー
    8色指定可
  12. 日本語表示
    文字構成:16×16ドットゴシック体。
    テキスト画面/グラフィックス画面どちらにも表示可
    JIS第一水準2,965種/第2水準漢字3,384種、非漢字885種標準搭載。
    ※拡張漢字(388種)はオプション
    ユーザー定義文字188種設定可。
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
  13. ビデオ出力
    アナログRGBセパレート信号出力(75Ωアナログインタフェース、カラー)
    RGBセパレート信号出力(TTLインタフェース、カラー)
    コンポジットビデオ信号出力(輝度変調、モノクロ)※ライトペン接続可
    家庭用テレビ出力可(別売TVアダプタ経由)
  14. キーボード(スカルプチャータイプ)
    JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、10ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  15. FDD
    VM0:PC-98XA-05内蔵可
    VM2/VM4:5.25インチ2HD/2DD2台内蔵
  16. FDD増設
    3/4台目外付けI/F内蔵(2HD)
  17. HDD
    VM0/VM2:使用可(I/Fボード別売)
    VM4:本体内20MB内蔵。外付けHDD端子付き(SASI)
  18. プリンタI/F
    8ビットパラレルインタフェース。セントロニクス社仕様準拠
  19. シリアルI/F
    RS-232C準拠
  20. マウスI/F
    バスマウス接続可
  21. カセットI/F
    オプション、拡張スロットに内蔵(PC-9801-13)
  22. サウンド機能
    オプション
  23. スピーカー内蔵
  24. 拡張スロット
    2個(16ビットのCバス仕様)
  25. カレンダ時計
    電池によるバックアップ
  26. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  27. サービスコンセント
    1個
  28. 温湿度条件
    10~35℃、20~80%(但し結露しないこと)
  29. 外形寸法
    VM0/VM2:420(W)×345(D)×150(H)㎜
    VM4:470(W)×345(D)×150(H)㎜
    キーボード:470(W)×195(D)×38(H)㎜
  30. 重量
    VM0:8.3kg
    VM2:10.3kg
    VM4:12.5kg
    キーボード1.2kg
  31. 消費電力
    100W(最大120W)
  32. 添付品
    ガイドブック、ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、リファレンスブック、N88-BASIC(86)システムディスク、デモンストレーションプログラムディスク、モノクロディスプレイケーブル、お客様登録カード、サービス網一覧、保証書
  33. 発売年
    VM0/VM2:1986/5
    VM4:1985/9
  34. 本体標準価格
    VM0:295,000円
    VM2:415,000円
    VM4:830,000円

前モデルM2では2DDのFDが読み書き出来ないという問題は、VMシリーズの2HD/2DD両用FDDの採用で解決した。

VM0は8インチFDDなどすでに外付けFDDを持っている人向けに設定されたマシンだが、後からFDDを内蔵することも出来る。但しそうするとVM2と変わらない価格なので、取り付ける手間を考えれば最初からVM2を買う方が良さそうである。

VM4はSASI規格のHDDを内蔵しており、外付けHDDを取り付ける端子が出ている。内蔵HDDを収めるため、本体幅は50㎜ほど大きくなっている。

VMシリーズと合わせて発売されたオプションには次のものがある。いずれも拡張スロットに搭載する。

  1. PC-9801-26K:FM音源ボードで、FM音源3音/SSG音源3音の計6重和音8オクターブを実現。ボード上にスピーカーが搭載され、外部スピーカー端子とMSX規格のジョイスティックポートが2個出ている。価格25,000円
  2. PC-9801-25:スーパーインポーズボード。PC-9801の画面とテレビやビデオ画面と合成が出来る。合成画面のVTR録画も可能。使用時は640×200ドット画面に対応するCRTが必要で、640×400ドット専用CRTでは使用できない。V30CPUでのみ使用可。価格58,000円

NECはPC-9801はビジネス用として位置づけてはいたが、ホビー用途で使うことを否定しなかった。これが富士通のFM-16β等とは決定的な違いで、PC-9801ではゲームソフトも相当開発され、PC-9801を購入すればビジネスにもホビーにも使える、ということから、日本標準機という地位を獲得できたのであった。

PC-9801はOSにはIBM PCで採用されたMS-DOSを主力にしており、市販ソフトを買えば必ずMS-DOSが付いてきた(2.*まで)。富士通FM-16βは主力から外れたCP/M86を主力にしたのが失敗だったという人もある(その後MS-DOSに変更)。

その後のモデルチェンジではEGCによるグラフィックスの高速化や32ビットCPUの採用などが行われたが、サードパーティはあくまでも「早いVM」というコンセプトでソフト開発を行っており、MS-DOSアプリは「VM/UV以降」なら問題なく使えたのである。

EPSON互換機も「早いVM」をコンセプトに製品開発を行っていた。

このVMシリーズで人気だったのはVM2で、当時割引を入れても本体+CRT+マウス+プリンタのセットで50万近くになったとは思うが、それにしてもよく売れたというショップが多かったそうであり、発売と同時にベストセラー機になっている。

寸評:PC-9801スタンダードマシン

結論

ビジネスからホビーまで使いたい人にお勧めしたいマシンである。最初はVM2にCRTとマウスをセットして、余裕が出来たらメモリを640KBにまで増設すると良い。後は拡張スロットにEMSを設定すれば、1992年位までは十分に使えたのではなかろうか。

(Visited 1 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました