PC-9801VM21 オプションを標準搭載しただけのモデルチェンジ

「確かな実績をさらに強化したパワフル16ビット」

PC-9801VM2とPC-9801VF2の後継機種にあたるのがPC-9801VM21です。変更点は16色ボードの標準搭載で4096色中16表示となったこと、メインメモリが640KB標準搭載になったこと、拡張漢字ROMが標準搭載になったことだけです。

これだけでモデルチェンジとして堂々と新製品とするのはある意味凄いことです。

PC-9801VM21スペック

  1. CPU:V30を8MHz/10MHz切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. RAM:メインRAM640KB。ビデオRAM192KB。テキストRAM:12KB。
  4. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。※切り換えて使用(8色表示)。
  5. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示、640×200ドット4画面4096色中16色表示(モノクロはこの倍)
  6. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM、JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載(テキスト/グラフィックス画面に表示)
  7. シリアルI/F:RS232C
  8. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  9. 外付けFDD用I/F:2HD
  10. マウスI/F:あり
  11. カセット(CMT)I/F:オプション拡張スロット内実装(300ボー/1200ボー)
  12. 8インチFDDI/F(オプション、拡張スロット内に実装)
  13. CRT接続:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  14. サウンド:BEEP音のみ(オプションでFM音源/SSG音源搭載可。拡張スロット内に実装)。
  15. 拡張スロット:16ビットのCバス4個個。
  16. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD両用FDDを2台内蔵。
  17. HDD:外付け可(I/Fボード別売)
  18. 外寸法:本体(W)420×(D)345×(H)50㎜ 11.6kg キーボード(W)470×(D)195×(H)38㎜ 1.6kg
  19. 主な添付品:ガイドブック、ハードウェアマニュアル、N88-日本語BASIC(86)ユーザーズマニュアル、N88-日本語BASIC(86)リファレンスマニュアル・N88-日本語BASIC(86)プログラミング入門、N88-日本語BASIC(86)リファレンスブック、キーボード、電源ケーブル、モノクロCRTケーブル、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、グリーティングカード、ケーブルカバー、N88-日本語BASIC(86)システムディスク、デモプログラムディスク、未使用フロッピー1枚

ラインナップ

  1. PC-9801VM21 価格398,000円 1986/11発売 FDD5.25インチ×2(2HD/2DD両用)

筐体の大きさは前モデルと全く同じですが、フロントパネルのデザインは同時発売のVXシリーズやXLと同じものとなります。他はキーボードコネクタが前面に来たことぐらいです。ロゴを隠してしまったらVXシリーズと区別がつきません。

オプションを標準装備してモデルチェンジ、というのはずっと繰り返されていくこととなります。

PC-9801は、CPUのクロックを少しばかり上げるか、オプションを標準装備しては価格据置で新製品として出す、というパターンが今後もずっと続いていきます。

スポンサーリンク

あとがき
オプションを標準装備して新製品、価格を少し下げる、というのはこのパソコンから出てきた傾向であり、改良する部分がなくなってきて、手詰まり状態になっていることを物語っていた。
関連記事