PC-9801VM2/VM0/VM4/VF2 16ビット標準機

「16ビットパソコンは高次元へと限りなく加速する」※VM0/VM2

「拡がるビジネス・パワーを実感させるこの性能」※VM4

「16ビットパソコンをリードする高水準の機能」※VF2

ベストセラーとなったPC-9801VM2は、1985年7月発売開始されています。NECが独自に開発したi80186互換のV30を搭載し、4086色中8色表示を可能にしたことが大きな特徴です。VM2は2HD/2DD両用のFDDを2台搭載、VM0の方はFDDオプションです。

PC-9801VF2はPC-9801Fシリーズの後継機種で、VMシリーズと同じ1985年7月発売開始されました。CPUはVMと違い8Mhz固定となっています。また、FDDは2DDを2台搭載しています。FDDなしモデルはありません。1985/09発売のVM4は、VM2に20MBのHDDを内蔵させたものです。HDDを納めるため、ケースはその分横長になっています。

PC-9801VM/VFスペック

  1. CPU:V30を8MHz/10MHz切り換えて稼働。※VF2はV30を8MHz固定稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:VM0/VM2/VM4:384KB。VF2はRAM256KB内蔵。本体内にPC-9801-21Nを増設することで最大640KBまで拡張可。
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 切り換えて使用(8色表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中8色表示/640×200ドット4画面4096色中8色表示(PC-9801-24使用時各16色に増加)
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM標準搭載、拡張漢字ROM(オプション)
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタ:セントロニクス社仕様
  11. 内蔵FDD:VM2/4は2HD/2DD両用FDD2台内蔵。VM0はオプション。2HD/2DD両用FDDを2台内蔵可(PC-98XA-05を利用)。VF2は2DDのFDD2台内蔵。
  12. 8インチFDD外付け用I/F:オプション(拡張スロット内に実装)
  13. 外付け用FDDI/F:2HDFDD
  14. マウスI/F:あり
  15. カセット(CMT))I/F:オプション、拡張スロット内実装(300ボー/1200ボー)
  16. CRT接続:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  17. サウンド:BEEP音(オプションでFM音源/SSG音源拡張スロット内搭載可)
  18. 拡張スロット:16ビットのCバス4個
  19. 外寸法:本体(W)420×(D)345×(H)150㎜ ※VM4は470(W)×345(D)×(H)150㎜
    8.3kg(VM0)10.3kg(VM2/VF2)12.5kg(VM4) キーボード(W)470×(D)195×(H)38㎜ 1.6kg
  20. 主な添付品:ガイドブック、N88-日本語BASIC(86)ユーザーズマニュアル、N88-日本語BASIC(86)リファレンスマニュアル・N88-日本語BASIC(86)プログラミング入門、N88-日本語BASIC(86)リファレンスブック、キーボード、電源ケーブル、 モノクロCRTケーブル、保証書、お客様登録カード、ケーブルラベル、サービス網一覧表、グリーティングカード、ケーブルカバー、N88-日本語 BASIC(86)システムディスク、デモプログラムディスク、未使用フロッピー1枚

Mシリーズでは2HDのみしか扱うことができなかったFDDの問題も、VMシリーズでは2HD/2DD両用FDDを搭載することで解決しています。VM0は8インチFDD接続を前提としたためFDDは内蔵されていませんが、オプションで2台内蔵でき、VM2と同じになります。

VM0/VM2/VM4はメインメモリは384KB標準実装となっているので、当時のMS-DOSアプリを扱うには十分でした。不足なら640KBまで増設できます。それも、専用スロットを使うので、本体汎用スロットを使わずに済みます。

VM4ではSASI仕様の20MBHDDが内蔵されていますが、当時はまだMS-DOSはフロッピーベースで十分であり、HDDは用がなかったのです。確かにHDDは必要なソフトやデータを片っ端から入れておけるので便利ですが、MS-DOS自体FDDベースで設計されていたので、やや使用が面倒ではありました。基本的に、HDDは拡張スロット内にI/Fボードを実装して外付けするのが一般的でした。

翌年1986年にVXシリーズが登場し、PC-9801用のMS-Windows1.0が登場すると、情勢が変わったし、サードパーティからHDDが発売されてくると徐々に一般ユーザーにも普及し始め、ソフトもHDD対応が常識となっていきました。

VF2はメインメモリは256KBとVMよりも容量が少ないので、354KBに増設する必要があります。また、FDDは2DDのみの対応です。それ以外はVMと同じですが、すでにFDDは2HDの時代に入っており、Fシリーズの後継機種はこれで終了し、VMシリーズに統一されています。

グラフィックスはオプションの16色ボードを本体内に取り付ければ4096色中16色まで扱うことができます。

  1. PC-9801VM0:1985/7発売 FDDなし(内蔵可能) 295,000円
  2. PC-9801VM2:1985/7発売 2HD/2DD兼用5.25インチFDDx2台内蔵 415,000円
  3. PC-9801VM4:1985/9発売 2HD/2DD兼用5.25インチFDDx2台内蔵 HDD20MB(SASI)内蔵 830,000円
  4. PC-9801VF2:1985/7発売 2DD専用5.25インチFDDx2台内蔵 348,000円

ホビー志向向けオプション

PC-8801MK2SRで採用されたサウンド機能は、PC-9801でも使えるようになります。オプションのボードを汎用スロットに取り付けることで、FM音源・SSG音源サウンド6重和音8オクターブ(モノラル)を扱うことができます。これには、外部オーディオ接続ができ、MSX仕様のジョイスティック1本接続できるようになっています。

ビデオやテレビとパソコン画面を合成するスーパーインポーズボードもオプションで用意され、汎用スロットに取り付けることで利用できますが、デジタルRGBのみのサポートとなりました。

VMシリーズは、発売と同時にベストセラーとなり、ジャストシステムの一太郎が発売されたことと合わせて、「一太郎マシン」と呼ばれたこともあります。ちょうど、PC/AT互換機が「Lotus1-2-3マシン」と呼ばれていたのと非常によく似ており、ソフトはそのマシンの命運を握っているということのたとえです。

あとがき
個人向けにはVM2がよく売れたが、当時はまだフロッピーベースでも十分間に合ったこと、ハードディスクの値段がまだ高額だったこともあった。NECとしては、企業などにビジネスマシンとして売り込みたかったのはカタログなどからも読めるが、その意に反してホビーパソコンとしても売れてしまい、PC-8800シリーズなどからの以降も徐々に進み始めた。
関連記事