PC-9801VX01/21/41 EPSON286互換機に対抗したマシン

「活動範囲をさらに拡げた新世代ビジネスマシン」

エプソンのPC-9801互換機「PC-286」の登場で、あわてて発売したような印象を受けるのがこのシリーズです。

何が変わったか、といえば、80286のCPUクロック周波数が10MHz動作するようになったことだけです。

PC-9801VX01/21/41スペック

  1. CPU:i80286 10/8MHz V30 10/8MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:640KB。最大8.6MBまで拡張スロット内増設可
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. アナログRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. デジタルRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット4画面8色表示/640×200ドット8画面8色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  9. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. シリアルI/F:RS232C
  11. プリンタI/F::セントロニクス社仕様
  12. 8インチFDD外付け用I/F:オプション
  13. FDD外付け用I/F:2HD接続可
  14. マウスI/F
  15. カセット(CMT)I/F:オプション、拡張スロット内実装可(300ボー/1200ボー)
  16. CRT接続:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  17. サウンド:BEEP音(オプションでFM音源/SSG音源拡張スロット内搭載可)
  18. 拡張スロット16ビットのCバス4個
  19. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。※VX01はオプション
  20. HDD外付け可(I/Fボード別売)※VX41/VX41WNは20MBHDDを内蔵済み

グラフィックス周りの設計が改善され、EGCの能力が完全に発揮できるようになったため、グラフィックスの速度が向上しています。

全機種1987年6月発売

  1. PC-9801VX01 価格353,000円
  2. PC-9801VX21 価格433,000円
  3. PC-9801VX41 価格630,000円
  4. PC-9801VX41WN 価格658,000円

HDDの価格が下がったので、HDD搭載モデルは旧VXよりも大幅に値下げされています。

MS-Windows1.0は、1.0Aにマイナーチェンジされて、速度面である程度実用に耐えるものとなっていました。

NECとしては、ホビーは88、ビジネスは98と考えていたせいでしょうが、同時期発売されていたPC-88VAと比較すると、FM音源はオプションだし、グラフィックスはさほど強力ではないので、面白味に欠けているのも事実でしたが、個人向けとしても結構出ていました。個人レベルならまだHDDは必要性が薄かったので、VX21がよく出ていました。メーカーの思うとおりにはユーザーは動かない、という実例でもありました。

このシリーズは、発売開始時、新製品発表会と題して、ユーザー登録した人に招待状が送付され、サンシャインシティで展示会が行われたので、早速見に行った記憶があります。

あとがき
互換機メーカーEPSONの登場で、大慌てで出したという印象が強いのがVX01/21/41の機種。VX0/2/4を買った人には何ともやりきれないが、メーカーの姿勢はやはり残念なところがあった。個人向けにはVX21の方がよく出ていたが、まだHDD内蔵型の値段が高かったこととも関係している。
関連記事