PC-9801VX0/2/4/4WN i286搭載ノーマルマシン

「活動範囲をさらに拡げた新世代ビジネスマシン」※VX0/2/4

「即戦力と高機能を求めた、ベストマッチング」※VX4/WN

VMシリーズのモデルチェンジ機種がこのVXシリーズで、MS-Windows1.0をインストール済みとしたモデルであるVX4WNも登場しています。

変更点は16色ボードの標準搭載で4096色中16表示となったこと、メインメモリが640KB標準搭載になったこと、拡張漢字ROMが標準搭載になったことの他、ノーマルモードの機種では初めてi80286が搭載されたという点です。

PC-9801VX0/2/4/4WNスペック

  1. CPU:i80286 8MHz/V30 10/8MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. RAM:メインRAM640KB(最大8.6MBまで拡張スロット内増設可)。ビデオRAM192KB。テキストRAM:12KB。
  4. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。※切り換えて使用(8色表示)。
  5. グラフィックス表示:640×400ドット2画面16色表示、640×200ドット4画面16色表示(モノクロはこの倍)
  6. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM、JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載(テキスト/グラフィックス画面に表示)
  7. インタフェース(I/F):シリアル(RS232C)、プリンタ(セントロニクス社仕様)、外付けFDD用I/F(2HD)、マウスI/F、カ セット(CMT)オプション、拡張スロット内実装(300ボー/1200ボー)、8インチFDDI/F(オプション、拡張スロット内に実装)
  8. CRT接続:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  9. サウンド:BEEP音のみ(オプションでFM音源/SSG音源搭載可。拡張スロット内に実装)。
  10. 拡張スロット:16ビットのCバス4個。
  11. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。VX0はオプション。
  12. HDD:外付け可(I/Fボード別売)※VX4/VX4WNは40MB内蔵済み(SASI)

ラインナップ

  1. PC-9801VX0 価格353,000円
  2. PC-9801VX2 価格433,000円
  3. PC-9801VX4 価格693,000円
  4. PC-9801VX4WN 価格730,000円 ※WINDOWS1.0インストール済み

全機種1986年11月発売。

CPUはV30とi80286を搭載していますが、どちらか一方を切り替えて使うことになり、両方同時に動作するわけではありません。この時点ではNECはV30を主力におきたい考えがあったと思われます。

グラフィックスには、EGCと呼ばれるプロセッサを採用し、高速化を図っていますが、この段階では能力をフルには生かし切れていなかったようです。

VX4WNでは、MS-DOSとMS-Windows1.0がプリインストールされており、Windows対応ソフトをすぐに動作させることができますが、まだアプリケーションがほとんどなかった時代でした。この時点では、MS-DOSアプリを切り替えて使うのが主流だったと思います。

スポンサーリンク

あとがき
PC-9801では初めてi80286搭載したが、V30に比べると少し早くなったかな、という程度だった。Windows1.0搭載機もあったが、まだ専用ソフトはなかった。まだMS-DOSの時代だからこれはやむを得ないだろう。
関連記事