PC-9821Ap3/As3 MATE Aシリーズの終点

「時代を受け継ぐ多彩な98です。」

PC-9801FA/FS/FXの流れを汲むPC-9821A、通称MATE-Aは発売から2年ほどで最終モデルが発売された。CPUが違う他はスペックは同じである。PC-9821Xeのコンポーネントを流用する形で開発された。

Windows3.1インストール済みモデルに標準装備されているビデオアクセラレータはDOS/V機でも多く採用されていたS3社のvision864(2MB)が採用された。単体販売もあり。

PC-9821Ap3/As3スペック

  1. CPU:Ap3:i486DX4 100MHz / As:i486DX2 66MHz
  2. セカンドキャッシュメモリ:Ap3では標準128KB。As3は内蔵可(Ap3/As3何れも最大256KB)
  3. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ、システムセットアップメニュー他128KB。
  4. メインRAM:7.6MB(U2、M2は3.6MB)。
  5. メインRAM増設:全機種とも127.6MBまで拡張可能。※本体標準内蔵の増設RAMサブボード(4MB)1枚を取り外し、増設RAMサブボード32MB)を4枚実装した場合。
  6. ビデオRAM:2MB。
  7. テキストRAM:12KB。
  8. テキスト表示 ※MS-DOS時のみ
    80×25行/80×20行から選択。キャラクタ単位にアトリビュート設定可(リバース、ブレイク、シークレット、カラー8色)。グラフィックス画面とは別々に表示(合成可)
  9. グラフィックス表示
    640×400ドット2画面4096色中16色表示。
    640×200ドット4画面4096色中16色表示。
    640×480ドット1画面1677万色中256色。
    640×480ドット2画面1677万色中256色。
  10. 画面合成:テキスト画面とグラフィックス画面合成可(優先順位設定可)
  11. アクセラレータ:As3/U2、Ap3/U2を除きS3社製vision864(2MB)を拡張スロット内ローカルバスに標準実装。
    640×480ドット(1,677万色中256色、1,677万色)
    1,024×768トット(1,677万色中256色)
    1,280×1,024ドット(1,677万色中256色)
    ※テキスト画面との合成表示は不可。
  12. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  13. 内蔵FDD:Mモデルは5.25インチ2HD/2DDのFDDを内蔵。Uモデルは3モード対応3.5インチ2HD/2DDのFDDを内蔵。U2/M2はFDD2台内蔵、HDD内蔵モデルは1台内蔵(1台増設可)
  14. HDD:IDE/SCSIいずれか内蔵可。※内蔵モデルはIDE仕様、MS-DOS5.0A/Windows3.1インストール済み。
  15. CD-ROM:内蔵可。※As3/C8W、Ap3/C8W、Ap3/C9Wには倍速CD-ROMドライブをファイルスロットに実装済み(ファイルベイ仕様)。
  16. シリアルI/F:RS232C準拠
  17. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  18. 外付けFDD用I/F:2HD(オプション、拡張スロット内に実装)
  19. マウスI/F:バスマウス仕様。PC-98DO/P-11を装着してアタリ規格のジョイスティックを装着可能。この場合マウスとの併用は不可。
  20. SCSI I/F:オプション、SCSI仕様の内蔵HDD実装時及び、ファイルスロット対応機器実装時に必要(増設コネクタあり) ※専用スロットに増設(PC-9821A-E10相当品)
  21. ファイルスロット:1個。SCSI仕様の機器を内蔵可(要PC-9821A-E10相当品)。オプションでファイルベイに変換可。
  22. CRT接続アナログRGB
  23. サウンド:YM2608採用。FM音源6重和音、リズム音源6重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ標準装備(86音源互換)/PCM録音・再生機能。BEEP音。
    マイクロホン入力(モノラル、ミニジャック、本体前面)
    ライン入力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)
    ヘッドホン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体前面)
    ライン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)
    スピーカ出力 (モノラル)。
    ※Windows3.1モデルはマイクロホン付属。
  24. 拡張スロット:16ビットのCバス4個。うち2個は32ビットローカルバス兼用。※Windowsインストールモデルはローカルバス1個使用済み。
  25. 外寸:(W)380×(D)335×(H)150㎜。キーボード 439(W)×183(D)×31(H)㎜ / 約1.2kg
  26. 主な添付品:ガイドブック、保証書、キーボード、電源ケーブル、アース線、デモンストレーションプログラム(FD)
  27. HDD内蔵モデルの添付品:マウス、マイクロホン、ソフト関連マニュアル、PC-9821Ap3/As3システムインストールディスク(FD)、バックアップディスク/マニュアルセット購入券
  28. HDDオプションモデルの添付品:ソフトウェアセットアップガイド、MS-DOS5.0Aアップグレードディスク(FD)
  29. 1994年10月

ラインナップ

  1. PC-9821As3/U2:価格348,000円 HDD内蔵可 9.1kg
  2. PC-9821As3/C8W:価格458,000円 HDD340MB内蔵(IDE)倍速CD-ROMドライブ実装済み(IDE) 11.0kg
  3. PC-9821As3/M2:価格362,000円 HDD内蔵可 9.9kg
  4. PC-9821Ap3/U2:価格448,000円 HDD内蔵可 9.1kg
  5. PC-9821Ap3/C8W:価格560,000円 HDD340MB内蔵(IDE) ※倍速CD-ROMドライブ実装済み(IDE) 11.0kg
  6. PC-9821Ap3/C9W:価格600,000円 HDD540MB内蔵(IDE) ※倍速CD-ROMドライブ実装済み(IDE) 11.0kg
  7. PC-9821Ap3/M2:価格462,000円 HDD内蔵可 9.9kg

※Windows3.1インストール済みモデルにはバックアップCD-ROM/マニュアルセット購入券がつきます。

価格も大幅に下がり(とはいってもDOS/V機に比べると高いが)、同時にCPUスペックも向上した。従来のファイルスロットは、B-MATEで採用されたファイルベイにもオプションで変換可能。

最後のA-MATE

32ビットOSのWindowsNTとOS/2にも対応し、Windows3.1の後継に当たるWindows95(当時は正式名は定まって居らずとりあえずWindows4.0と呼ばれた)にも対応するが、FA/FS/FXの流れを汲むA-MATEはこれで最後となった。以降はX-MATEが主流となっていくが、個人向けに特化したVモデルも多くラインナップされた。

同スペックの486搭載のDOS/V機と比べて価格が高い、とはいっても、当時主流だったVLバス(ビデオカードやI/Fカード用に使用された)は安定性が悪かったのも事実で、安定性で優れているローカルバス(実際はNESAバスのサブセット版)搭載のPC-9821Aを選ぶのも決して悪くはなかっただろう。公式ではないが、PentiumODPによる高速化も可能だった。DOS/V機への移行はPCIバスが搭載されるPentiumマシンからが本番だった。

オプションの例

  1. PC-9821A3-E01:ファイルベイアダプタ。Ap3/U2、Ap3/M2、As3/U2、As3/M2でファイルスロット内でファイルベイ対応機器を利用する場合に必要。価格5,000円
  2. PC-9821A3-E02:ファイルスロットアダプタ。Ap3/As3のMS-DOS/Windows3.1インストール済みモデルで内蔵CD-ROMドライブを取り外し、ファイルスロット機器を取り付ける場合に必要。この場合別途PC-9821A-E10相当品が必要。価格5,000円。
  3. PC-9821A3-001:セカンドキャッシュメモリ。容量128KB。価格24,000円。

スポンサーリンク

あとがき
Ap2/As2、An、Ap3/As3は、WindowsNT4.0、OS/2 4.0、Windows98あたりまでは(快適性は別として)対応できたし、PentiumODPもサードパーティから発売されるなどした。こういったことから、少なくとも1999年前後までは現役でいられたと思う。ローカルバスの仕様は積極公開されなかった(聞かれれば何時でも公開する)が、PC-9821Aは2年程度だったから、やはりやむを得なかった。
コメント
関連記事

コメントする