PC-9821B ※1993/11発売~98FellowのMATE化マシン

「身近になった98MATE。」

PC-9801とPC-9821はモデルチェンジがころころ行われるのが特徴的で、PC-9821シリーズにPC-9821B、通称B-MATEが投入された。「B」はベーシックの意味だろう。

Windows3.1の利用も考慮されており、ビデオアクセラレータは全モデルが本体内ローカルバス接続で標準装備されていた。

スポンサーリンク

PC-9821Bf/Bp/Bs/Beスペック

  1. CPU
    Bf:Pentium 60MHz。
    Bp:i486DX2 66MHz。
    Bs:i486SX 33MHz。
    Be:i486SX 25MHz
  2. オーバードライブプロセッサ(ODP)
    Bsはi486DX2(60MHz)相当、Beはi486DX2(50MHz)相当交換可
  3. セカンドキャッシュ
    Bfはセカンドキャッシュ256KB内蔵。Bpは内蔵可(128KB)
  4. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ、システムセットアップメニュー他128KB
  5. メインRAM
    Bfは標準7.6MB。Bp/Bs/Beは5.6MB
  6. メインRAM増設
    Bfは最大71.6MB。Bp/Bs/Beは最大35.6MB。※本体メモリ専用スロットに増設。
  7. ビデオRAM
    1MB。※アクセラレータVRAMと共用。ローカルバス経由でCPUから直接アクセス可能
  8. テキストRAM
    12KB。
  9. テキスト表示(MS-DOS時のみ利用可)
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    キャラクタ単位にアトリビュート(リバース、ブリンク、シークレット、8色表示カラー[黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白])設定可
  10. カラーグラフィックス(MS-DOS時のみ利用可)
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※4096色中16色表示。
  11. アクセラレータチップ
    CIRRUSLOGIC社製GD5428(VRAM1MB)
    ※本体内ローカルバス接続
  12. アクセラレータ画面(Windows時のみ利用可)
    640×400ドット(26万色中256色、1,677万色)
    640×480ドット(26万色中256色、1,677万色)
    1,024×768ドット(26万色中256色)
  13. 漢字表示(MS-DOS時のみ利用可)
    文字構成:16×16ドットゴシック体。
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、拡張漢字388種、非漢字885種。
    ユーザー定義文字機能188種。
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可。
  14. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  15. 内蔵FDD
    3.5インチ2HD/2DDのFDDを1台内蔵(3モード対応)。1台増設可
  16. HDD(IDE)
    Bf/U8W:HDD340MB
    Bp/U7W:HDD170MB
    Bp/U8W:HDD340MB
    Bs/U7W:HDD170MB
    Be/U7W:HDD120MB
    ※全機種MS-DOS5.0A/Windows3.1インストール済み。
  17. シリアルI/F
    RS232C準拠
  18. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  19. マウスI/F
    バスマウス付属
  20. CRT接続
    アナログRGB
  21. サウンド
    オプション(拡張スロット内に実装)
  22. 拡張スロット
    16ビットのCバス3個
  23. ファイルベイ
    CD-ROM等搭載用。ファイルスロットとの互換性なし
  24. サービスコンセント
    1個
  25. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  26. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  27. 外寸法
    本体:380(W)×335(D)×150(H)㎜(ゴム足含む)
    キーボード 439(W)×183(D)×31(H)㎜ 1.2kg
  28. 重量
    Bf/U8W:約7.8kg
    Bp/U7W:約7.7kg
    Bp/U8W:約7.7kg
    Bs/U7W:約7.7kg
    Be/U7W:約7.7kg
    キーボード:1.2kg
  29. 主な添付品:ガイドブック、ソフト関連マニュアル、お客様登録カード、サービス網一覧表、保証書、電源ケーブル、アース線、デモンストレーションプログラム、キーボード、マウス、システムインストールディスク、バックアップディスク/マニュアルセット購入券
  30. 発売
    1993/11

スペックを見ると1993年1月に発表されたA-MATEとはCPUスペックが同じものを採用していることが分かる。また98Fellowをベースにしたものであることも分かる。現在のCPUはCPUチップの中にセカンドキャッシュが内蔵されているが、当時は集積回路技術が進歩過程だったことから外付けになっていたものだ。

価格を見てみると、当時はまだHDDは高かったとは言え、Aモデルよりは安くなっていた。

PC-9821Bf/Bp/Bs/Beラインナップ

  1. PC-9821Bf/U8W
    3.5インチFDD×1台
    HDD340MB内蔵(IDE)
    価格600,000円
  2. PC-9821Bp/U7W
    3.5インチFDD×1台
    HDD170MB内蔵(IDE)
    価格398,000円
  3. PC-9821Bp/U8W
    3.5インチFDD×1台
    HDD340MB内蔵(IDE)
    価格438,000円
  4. PC-9821Bs/U7W
    3.5インチFDD×1台
    HDD170MB内蔵(IDE)
    価格298,000円
  5. PC-9821Be/U7W
    3.5インチFDD×1台
    HDD120MB内蔵(IDE)
    価格268,000円

B-MATEで採用されたファイルベイはCD-ROM等周辺機器を内蔵できるがA-MATE用のファイルスロットとは互換性はない。取り付け方は、ファイルスロットはカバーを外して機器を音がする位置まで押し込むのに対し、ファイルベイではカバーを外し、コネクタに結線接続する必要がある。I/FもファイルスロットはSCSI I/F取り付けが必要、ファイルベイはIDE仕様という違いもあった。

PC-9821Bの型番はこれで終わったが、後継機種はほぼ仕様を引き継いだ形のPC-9821X(X-MATE)となった。

PC-9821Ap/As/Ae/Afに倣ったラインナップ。全機種32ビットローカルバス接続のWindowsアクセラレータ内蔵で、Windows3.1での利用が想定されたマシン。但し拡張スロットは汎用の32ビットローカルバスはなく16ビットのCバスのみ。翌年以降発売されるX-MATEやR-MATEの基本となった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました