PC-9821Ce ※1993/5発売~486SXを搭載した真98MULTi

「見る、聴く、つなぐ。THEマルチメディアパソコン。」

Windows3.1日本語版が発売された1993年5月、それに合わせてPC-9821(初代)がモデルチェンジされました。

今回のモデルチェンジではCPUをi486SXに変更し、内部/外部とも真の32ビットCPUを搭載したマシンとなりました。

スポンサーリンク

PC-9821Ceスペック

  1. CPU
    i486SX 25MHz。
  2. ODP(オーバードライブプロセッサ)
    使用可(486SX2 50MHz相当)
  3. ROM
    BIOS及びN88-BASIC(86)96KB及びセットアップ32KB
  4. メインRAM
    modelS1は1.6MB、modelS2は5.6MB標準実装。
    ※14.6MBまで拡張可能。本体メモリ専用スロット(10MBまで)に搭載可能。
  5. ビデオRAM
    512KB。
  6. テキストRAM
    12KB。
  7. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)リバース、ブリンク、シークレット、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白)。キャラクタ単位に指定可。
  8. グラフィックス表示
    640×400ドット2画面4096色中16色表示
    640×200ドット4画面4096色中16色表示
    640×480ドット1画面1677万色中256色
    640×480ドット2画面1677万色中256色
  9. 漢字表示
    JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    グラフィックス/テキスト画面に表示可
  10. 画面合成
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  11. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  12. 内蔵FDD
    3モード対応3.5インチFDDを2台内蔵。
  13. HDD
    内蔵可(98NOTE2.5インチ仕様) ※modelS1は内蔵可。modelS2は40MB内蔵済み
  14. 内蔵CD-ROM仕様
    電動トレー式CD-ROMドライブ内蔵(600ms/等速)
  15. シリアルI/F
    RS232C準拠
  16. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  17. 外付けFDD用I/F
    2HD
  18. マウスI/F
    バスマウス仕様。PC-98DO/P-11を装着してアタリ規格のジョイスティック1本接続できる。この場合マウスとの併用は不可
  19. SCSI I/F
    あり
  20. CRT接続
    アナログRGB。※15インチアナログCRTを標準添付
  21. サウンド
    YM2608採用。FM音源6音/リズム音源6音/SSG音源3音(86音源互換)PCM録音・再生機能。
  22. サウンド入出力
    マイクロホン入力(モノラル、ミニジャック、本体前面)
    ライン入力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)
    ヘッドホン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体前面)
    ライン出力(ステレオ、ミニジャック、本体背面)
    スピーカ出力 (モノラル)。
    ※マイクロホン付属
  23. 拡張スロット
    :16ビットのCバス2個
  24. サービスコンセント
    2個
  25. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  26. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  27. 外寸
    本体:355(W)×395(D)×100(H)㎜
    キーボード 439(W)×183(D)×31(H)㎜
  28. 重量
    model S1:約9kg
    model S2:約9.2kg
    キーボード約1.2kg
  29. 添付マニュアル
    ガイドブック、ソフトウェアインストールガイド、MS-DOS5.0A関連3冊(ステップアップマニュアル、さあ始めようMS-DOS、補足マニュアル)※model S2にはWindows3.1関連3冊も添付(今日から使えるWindows3.1、機能ガイド、日本語入力ガイド)
  30. 主な添付品
    ガイドブック、サービス窓口一覧表、保証書2通(CPU、CRT)、グリーティングカード、キーボード、マウス、ディスプレイ、SCSI終端BOX、アース線、マイクロホン、マイクロホン用ホルダー、電源ケーブル2(本体、ディスプレイ)、ソフトウェア使用許諾契約書。
    model S1には起動用FD1枚、CD-ROM1枚(MS-DOS5.0A-H/デモンストレーション)を追加添付。
    model S2にはFD1枚(システムインストールディスク) / CD-ROM2枚(システムインストール/デモンストレーション.辞書ステーション)を追加添付。
  31. 発売
    1993/5
  32. 備考
    modelS2にはMS-DOS5.0A-H/Windows3.1インストール済み

ラインナップ

  1. PC-9821Ce model S1:HDDなし(内蔵可)価格378,000円
  2. PC-9821Ce model S2:40MBHDD内蔵済み(Windows3.1インストール済み)価格488,000円

CPUは486SX25MHzを採用しており、PC-9821Aeと同じです。HDD標準搭載モデルにはMS-DOS5.0A/Windows3.1をインストール済みとしており、購入してすぐにマルチメディアが楽しめるようになっていました。このクラスのマシンではこれで十分だったのかもしれませんが、メモリは14.6MBという壁が残されたままでした。いずれも15.6MBまで搭載されたことになりますが1MB分が無駄になります。

NECでは永らくi386SXを多くのマシンに採用し続けてきましたが、ようやくi386SXにも見切りをつける時が来た、ということでしょうか。なお、このマシンの発売と合わせて、PC-9821AシリーズにもWindows3.1インストールモデルが発売されました。

真98MULTi、といってよいマシンに仕上がっている。とはいえ、前モデル発売から僅か6ヶ月でもう次のマシンがでたこととなり、これはPC-9821Aでも繰り返されることとなる。NECお得意の猫の目モデルチェンジ、等と昔から言われていた位だった(よいパソコン悪いパソコン/大庭俊介)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました