PC-9821Cf(Canbe) ※1994/10発売~テレビ機能内蔵のPentium(第一世代)機

「見る、聴く、つなぐ。THEマルチメディアパソコン。」

98MULTi Canbeの愛称がついたシリーズには、勿論Pentiumマシンもあり、Cxと同時発売されたCfとなります。

すでに第二世代Pentiumに切り替わっていましたが、こちらは第一世代Pentiumを搭載しています。

スポンサーリンク

PC-9821Cfスペック

  1. CPU
    Pentium 60MHz
    セカンドキャッシュメモリ内蔵(256KB)
  2. PCIチップセット
    intel 430LX(Mercury) [PCI Rev:2.0]
  3. ROM
    BIOS、N88-BASIC(86)、システムセットアップメニュー他128KB
  4. メインRAM
    標準7.6MB。最大39.6MB。※専用のメモリボードを利用することで可。
  5. VRAM
    1MB。※ビデオ/アクセラレータ共用
  6. テキストRAM
    12KB。
  7. テキスト表示 ※MS-DOS時のみ
    英数カナ80文字×25行/80文字×20行。漢字(16ドット、ゴッシク体)40文字×25行/40文字×20行
    キャラクタ単位にアトリビュート設定可(リバース、ブリンク、シークレット、カラー8色)。
    ※グラフィック画面とは独立したテキスト画面を継承。(合成可)
  8. グラフィックス表示 ※MS-DOS時のみ
    640×400ドット2画面4096色中16色表示。
    640×200ドット4画面4096色中16色表示。
    640×480ドット1画面1677万色中256色。
    640×480ドット2画面1677万色中256色
  9. 内蔵アクセラレータチップ
    CIRRUS LOGIC社製 GD5430標準装備(ローカルバス接続)。
    ※Windows3.1で使用可
  10. 内蔵アクセラレータ画面
    640×400ドット(256色または1,677万色)
    640×480ドット(256 色または1,677万色)
    1,024×768ドット(256色)
    ※Windows3.1で使用可
  11. 漢字表示 ※MS-DOS時のみ
    JIS第1、JIS第2、拡張漢字
  12. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  13. 内蔵FDD
    3モード対応3.5インチFDDを1台内蔵。
  14. HDD
    内蔵済み
  15. 内蔵CD-ROM仕様
    電動トレー式CD-ROMドライブ内蔵(倍速)
  16. シリアルI/F
    RS232C準拠
  17. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  18. マウスI/F
    バスマウス仕様
  19. FAXモデム
    DATA/FAX:14400bps
  20. CRT接続
    アナログRGB。※15インチアナログCRTを標準添付
  21. サウンド
    YMF297採用。FM音源6音/リズム音源6音/SSG音源3音の6重和音(86音源互換)PCM録音・再生機能。
  22. サウンド入出力
    マイクロホン入力(モノラル、ミニジャック、本体前面)
    ライン入力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)
    ヘッドホン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体前面)
    ライン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)
    スピーカ出力 (モノラル)
    ※マイクロホン付属
  23. 拡張スロット
    16ビットのCバス2個。但しうち1個はテレビチューナーカードを実装済みのため空きは1個(取り外し可)
  24. サービスコンセント
    1個
  25. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  26. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  27. 外寸法
    本体:355(W)×395(D)×100(H)㎜
    キーボード 439(W)×183(D)×31(H)㎜
  28. 重量
    約8.9kg
    キーボード約1.2kg
  29. インストール済みソフト
    98ランチ、98TV、98プレーヤ、98FAX、PC-VANナビゲータ、98カレンダ、MAGIC FLIGHT等。※CxモデルにはMicrosoft(R)Works for Windows3.0インストール済み
  30. 主な添付品
    キーボード、マウス、マイクロホン、リモコン送信機、オーディオ変換ケーブル、PC-VANウェルカムキット、ガイドブック(取扱説明書)、シ ステムインストールディスク、システムインストール/デモンストレーションCD-ROM、アプリケーションCD-ROM、マニュアルセット購入券
  31. 備考
    全機種MS-DOS5.0A-H/Windows3.1インストール済み
  32. 発売
    1994年10月

ラインナップ

  1. PC-9821Cf model S3
    FDD3.5インチ×1台(3モード対応)
    HDD540MB内蔵
    CD-ROMドライブ(倍速)
    価格590,000円

ガイドブックは付属しますが、詳細なマニュアルは付属するマニュアルセット購入券を利用することになります。

YM2608の生産終了/在庫がなくなり、代わりにYMF297が採用されていますが、このチップには入出力ポートがないので、変換プラグを装着してアタリ規格のジョイスティックを接続することはできなくなりました。

第一世代のPentiumの在庫が余ったのか、1ヶ月後のXfでもこのPentium60が採用されるなどしています。メモリ最大容量は標準7.6MB、最大39.6MBとなっています。FAXモデムが標準装備され、同時にパソコン通信サービス「PC-VAN(現在のBIGLOBE)」のウェルカムキット(入会)が付属しています。FAX機能は98FAX(標準インストール 済み)を利用できます。

テレビチューナーがありますが、付属するワイヤレスリモコンを使って制御することができます。このテレビチューナー は、ビデオキャブチャ機能があり、Windows3.1から制御することができます。標準インストール済みソフトは、98TV/98ランチ/98プレー ヤーなどといったマルチメディアソフトもあります。

すでに2代目のPentiumの時代となっていたが、1代目のPentiumの在庫を処分するためか、こういったラインナップとなっている。ソフトが盛りだくさんに入っており、すぐにマルチメディアを楽しむことができるようになっていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました