PC-9821Ls13/D10 ※1997/5発売~

「操作性も、携帯性も、たっぷり快適。A4薄型ノートパソコン。」

Ls12の後継機種で、型番の数字がPentiumクロック周波数を表しており、このようなラインナップはPC-9821では普通に使われました。Pentium133MHzのものを採用していることが、マイナーチェンジされて再発売されたLs150モデルとの違いです。

高解像度が必要な場合は、外付けマルチスキャンCRTを接続することで実現できますが、通常は液晶画面で用が足りることでしょう。ポインティングデバイスには現在のAT互換機で多く使われているタッチパットが採用されています。

スポンサーリンク

PC-9821Ls13/D10スペック

  1. CPU:MMXPentium133MHz ※内蔵キャッシュ16KB
  2. セカンドキャッシュメモリ:最大256KB
  3. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  4. メインRAM:32MB ※EDO
  5. メインRAM増設:増設RAMボードにより最大48MB増設可
    ※メモリ増設時本体標準内蔵の増設RAMボード(16MB)を取り外す必要あり。
  6. テキスト/グラフィックス/アクセラレータVRAM:2MB。
  7. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用(8色表示)。
    ※グラフィックス画面と独立したテキスト画面を継承。
  8. グラフィックス表示:
    640×400ドット(4,096色中16色)、640×400/640×480ドット(4,096色中256色)
    ※グラフィックス画面はローカルバス経由でCPUから直接アクセス可。
  9. アクセラレータ:CIRRUS LOGIC社製 GD7555 (VRAM:2MB)。ビデオアクセラレーション可
    640×480ドット(26万色中256色/65,536色/1,677万色)
    800×600ドット(26万色中256色/65,536色/1,677万色)
  10. 外部マルチスキャンCRT接続時の解像度
    640×480ドット(1,677万色)、800×600ドット(1,677万色)1,024×768ドット(65,536色)表示可能
  11. 液晶画面:
    12.1インチ12.1インチデュアルスキャンSTNカラー液晶
  12. 漢字表示JIS第1、JIS第2、拡張。約7,600字。320KB
  13. シリアルI/F:RS232C
  14. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  15. マウスI/F:あり
  16. ポインティングデバイス:98スライドパット標準装備(マウスと排他使用)
  17. CRT接続:アナログRGB
  18. 赤外線通信(IrDA規格に準拠)
  19. サウンド:PCM録音再生機能あり。ヘッドホン出力(ステレオ、ミニジャック)、マイクロホン(モノラル、ミニジャック。別売マイクロホン接続可)
  20. PCカードスロット:TYPEII×2スロット内蔵(TYPEIII×1スロットとして使用可)[JEIDA Ver4.2/PCMCIA 2.1仕様準拠]
  21. 通信機能:FAXモデム内蔵、ハンズフリー電話機能対応
  22. その他I/F:ファイルベース/ポートバー用コネクタ
  23. FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDD。3モード対応。ファイルベースに内蔵
  24. HDD:1.GB内蔵済み
  25. レジューム機能:LCD開閉レジューム機能搭載(98NOTEメニューにより設定可能)
  26. パワーマネジメント機能:あり(内蔵HDDのモータON/OFF制御、本体液晶ディスプレイの制御等)
  27. セキュリティ機構:パワーオンパスワード機能、セットアップパスワード機能、I/Oロック機能(FDD、シリアル/プリンタI/F、赤外線通信)盗難防止ロック(市販の盗難防止用ケーブルを使用)
  28. バッテリ:ニッケル水素バッテリ。稼働時間は約2~3時間
  29. 外形寸法/重量:297(W)×226(D)×30(H)㎜(突起部含まず) / 約2kg

※利用するOS/ソフトによっては上記ハードウェア機能をサポートしていない場合があります。

マニュアル類等

  1. 箱の中身を確認して下さい、初めにお読み下さい、これならわかるパソコンが動く、かんたんスタートガイド、ステップアップガイド、アプリケーション操作ガイド、再セットアップガイド、困ったときにお読み下さい、98あんしんサポートガイド、TranXit(TM)3クイックリファレンスガイド、PCカードサポートソフトウェアマニュアル、おいでまシート、NIFTY-Serveイントロパック、インターネットスタートガイド、BitWareユーザガイド、Windows95ロゴシール、TranXitユーザ登録カード、ソフトウェア許諾契約書、ソフトウェア使用条件適用一覧、お客様登録カード、サービス網一覧表、保証書

添付品

バックアップCD-ROM、チュートリアルCD-ROM、システムインストールFD、ACアダプタ、ファイルベース、ポートバー、電源コード、バッテリパック、モジュラーケーブル/ノイズ除去用部品(FAXモデム用)

インストール済みソフト

  1. Internet Explorer 3.01 日本語版、Internet Mail and News 1.0、Microsoft(R) Netmeeting、TranXit(TM)3、PC-VANナビゲータ、PCカードサポートソフトウェア、デジタル動画(MPEG)再生ソフト(SoftPEG)、BIGLOBEサインアップナビ、Nifty Manager、Niftyオンラインサインアップ、日英辞書引き君(単文変換版)、スキャンワクチンLimitet、Cheyenne BitWare、リモート操作支援ツール、海外ゲーム対応ユーティリティ、インターネットを使うには、インターネットアクセスマネージャ、AngelLine for Windows、英日翻訳アダプタ、ジェットサーファー、翻訳アダプタII、98プレーヤ

バッテリ稼働時間

  1. PC-9821Ls13/D10 標準バッテリのみ 約2~3時間

製品ラインナップ:1997/5発売

  1. PC-9821Ls13/D10 model C2 398,000円 一太郎&ロータス123インストールモデル
  2. PC-9821Ls13/D10 model D2 403,000円 Word&Excelインストールモデル

このモデルは、Windows95搭載モデルですが、一太郎&ロータス123モデルとWord&Excelモデルとが用意されています。例に漏れず、ソフトが盛りだくさんになっています。

一太郎モデルはJustNet入会のご案内も添付されており、プロバイダー同士の競争もすでに始まっていたことがうかがわれます。

一太郎搭載モデルは一太郎7/R.2 for Windows95(Netscape Navigator 3.0 forWindos95/NT付)、ロータス1-2-3 R5J for Windows95対応版です。ロータス1-2-3は97無料バージョンアップ対象商品で、1997年3月末までとなっていました。

Word&Excelモデルは、Office 97へのアップグレードも可能となっており、そのための説明書も添付されていました。

1997/5のマイナーチェンジでは、一太郎はVer8、ロータス1-2-3は97にバージョンアップされました。Word&Excelは97にバージョンアップされ、Outlook for Windows、shogakukan bookshelfも付属しています。

なお、本機ではMS-DOS3.3は動作しません。

同時発売のマイナーチェンジ機Ls150とは似たスペックだが、こちらはMIDI音源サポートやそれを生かしたソフトがインストール済み、という違いはある。価格はどちらも同スペックのDOS/V機と比べるとかなり高い印象がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました