PC-9821Ne 最初のノート型9821

「Windowsを快適にする、i486搭載カラーノート。」

デスクトップ型のPC-9821は、この時点でMATE-AとCanBeが出揃っていましたが、ようやくノート型も出てきました。モノクロ液晶はなく、すべてカラー液晶であり、価格はとても高価なものでした。

まだ出たばかりのPC-9821ノートでしたが、全機種カラー液晶だったのは印象的であり、我々のような個人ユーザーには憧れのマシンでした。

PC-9821Neスペック

  1. CPU:i486SX 33MHz。487SX使用可。※ODP使用可
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  3. メインRAM:3.6MB。HDD内蔵モデルは5.6MB。※全機種とも14.6MBまで拡張可能。
  4. ビデオRAM:512KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。※グラフィックス画面とは独立表示(合成可)
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示。640×200ドット4画面4096色中16色表示。640×480ドット1画面1677万色中256色。640×480ドット2画面1677万色中256色
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. CRT接続:アナログRGB
  13. サウンド:オプション
  14. 拡張スロット:110ピン拡張バス
  15. PCカードスロット:TypeII x 1 [PCMCIA2.0/JEIDA Ver4.1(旧規格)]
  16. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDD内蔵。3モード対応。
  17. RAMディスク:1MB(本体メモリとしても使用可)
  18. HDD:内蔵可(98NOTE2.5インチ仕様) ※内蔵モデルあり
  19. 液晶:9.5インチTFTカラー液晶
  20. レジューム機能:LCD開閉レジューム機能搭載(98NOTEメニューにより設定可能)
  21. バッテリ:ニッカドバッテリ

内蔵バッテリはニッカドを使用していますが、省電力モードでも10分程度しか差がないので、AC電源のある場所でないと実用的ではないといえます。やはり、カラー液晶は電力を食うことが分かります。

  1. PC-9821Ne(FDD10%使用時):Highモード1.0時間Middleモード/Lowモード1.1時間
  2. PC-9821Ne120/340/W(HDD10%使用時):Highモード1.0時間Middleモード/Lowモード1.1時間

サウンドはオプションのCバス用のものでつけられますが、いうまでもなく、現在のノートPCとは異なり据え置き型の拡張ボックス(110ピン拡張バスに接続)が必要なので、どこにでも持ち運んで気楽に使える、というタイプのものではありません。

CPUボードを外し、別途CPUアップグレードボードと交換することで486DX2(50MHz)機とすることができます。

ラインナップ:W型番機はMS-DOS5.0AとWindows3.1インストール済み。

  1. PC-9821Ne:価格588,000円 1993年7月発売 HDD無し(内蔵可能)
  2. PC-9821Ne120/W:価格728,000円 1993年7月発売 HDD120MB内蔵
  3. PC-9821Ne340/W:価格768,000円 1993年11月発売 HDD340MB内蔵

HDDなしと搭載済みとがありますが、いずれも高価で、個人ではとても買うのに躊躇しただろうと思います。

スポンサーリンク

あとがき
憧れのカラー液晶ノートPC、というところではあるが、カラー液晶はまだ恐ろしく高価な代物だった。すべてWindows3.1インストール済みマシンである。しかし、依然として14.6MBの壁が残ったままとなっていた。
コメント
関連記事

コメントする