PC-9821Nr150/X14F

「マルチメディアカラーノート最新作登場。」

98NOTE Lavieの愛称がついたPC-9821NOTEです。この時期になっても、最初の起動時にWindows95かWindows3.1を選択するようになっており、選択しなかった方は自動的に削除されるようになっていました。したがって、どちらか一方のみ使用可能となりますが、今更Windows3.1選択でもないだろうに、と思うのもまた当然でしょう。

前モデルのNr15と比べると、サウンド機能が強化され、ソフトウェアMIDI音源も使えるようになっています。

PC-9821Nr150/X14Fスペック

  1. CPU:CPU MMXテクノロジ Pentiumプロセッサ(150MHz)
  2. 内蔵キャッシュ:32KB
  3. セカンドキャッシュ:256KB
  4. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ/98NOTE MENU128KB。
  5. メインRAM:32MB EDD
  6. メインRAM増設:最大128MB ※標準実装メモリを取り外し、増設RAMボード(64MB)を2枚増設する。
  7. テキスト/グラフィックス/アクセラレータ共用RAM:2MB。
  8. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行
    切り換えて使用(8色表示)。
    ※グラフィックス画面と独立したテキスト画面を継承。※MS-DOS利用時のみ可。
  9. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色/256色表示。※MS-DOS利用時のみ。グラフィックス画面はローカルバス経由でCPUから直接アクセス可。
  10. ビデオアクセラレータ:Trident社製 Cyber9385 (VRAM:2MB)を搭載。ビデオアクセラレーション機能を搭載(Windows環境のみ)。
    1,024×768ドット(26万色中256色/65,536色)
    800×600ドット(26万色中256色/65,536色/1,677万色(※)
    640×480ドット(26万色中256色/65,536色/1,677万色(※)
    ※アクセラレータのディザリング機能により実現。
  11. 外部マルチスキャンCRT接続時の解像度は以下の通り。
    640×480ドット(1,677万色)
    800×600ドット(1,677色)
    1,024×768ドット(65,536色)
    1,280×1,024ドット(256色)
  12. 液晶画面:12.1インチTFTカラー液晶 / 26万色表示
  13. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載 約7,600字320KB
  14. シリアルI/F:RS232C
  15. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  16. マウスI/F:あり
  17. ポインティングデバイス:98スライドパット標準装備(マウスと排他使用)
  18. 赤外線通信(IrDA規格に準拠)
  19. CRT接続:アナログRGB接続可
  20. サウンド:エンハンスドFM音源機能装備(標準FM音源〈FM音源6音/リズム音源6音/SSG音源3音〉、拡張FM音源〈FM音源最大20音〉)、PCM録音・再生機能装備。BEEP音。
    ライン入出力(ステレオ、ミニジャック)
    ヘッドホン出力(ステレオ、ミニジャック)
    ステレオスピーカ / マイクロホン内蔵。
    エンハンスド・ステレオ機能搭載
  21. MIDI音源:ソフトウェアシンセサイザー機能搭載(GS、GM演奏モード対応)
  22. MIDI/JOYSTICK(プリンタI/Fに別売の変換ケーブルを接続することにより使用可能)
  23. ビデオ出力端子:ビデオ入力を持つ機能(TV、ビデオ等)へPC画像を出力可能
  24. PCカードスロット:TypeII(Type III)[JEIDA Ver4.2/PCMCIA2.1]PC Card Standard準拠。CardBus/ZVポート対応(ZVポートは下側のスロットのみ)
  25. FAXモデム:コミュニケーションスロットに実装済み(データ転送速度33,600bps(V.34)、スピーカホン、留守電機能、エラー訂正V.42、MNP4、データ圧縮V.42bis、MNP5、ボイス機能対応、ハンズフリー電話機能対応。FAX データ転送速度14,400bps(V.17)、FAX制御コマンド、クラス1)
  26. ドライブベイ:CD-ROMドライブ搭載(取り外し可)
  27. 拡張ベイ:バッテリパック/FDD/HDD/CD-ROMが排他で実装可能(CD-ROM、FDD標準添付)
  28. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDD1台。3モード対応。(添付の専用外付FDDケーブルにより外付FDDとして利用。または、ドライブベイに標準内蔵のCD-ROMと交換することにより内蔵FDDとしても利用可能)
  29. HDD:内蔵済み(E-IDE)
  30. CD-ROM:11倍速CD-ROMドライブ搭載(内蔵FDDと排他利用)
  31. バッテリ:ニッケル水素バッテリ。セカンドバッテリ(オプション)搭載可(拡張ベイに取り付け) ※ソフトウェアパワーOFF対応
  32. パワーマネージメント:自動または任意設定可能(液晶ディスプレイ/HDD(※)、CPU自動停止(※)、サスペンド/レジューム、CRT節電機能、ハイバネーション(※)
    ※標準搭載のWindows95利用時のみ可。市販のWindows95をインストールした場合は不可。
  33. セキュリティ:パワーオンパスワード機能、セットアップパスワード機能、I/Oロック機能(FDD、シリアル/プリンタI/F)、盗難防止ロック(市販の盗難防止用ケーブルを使用)
  34. 外形寸法:297(W)×247(D)×57.5(H)㎜ ※突起部含まず 約3.4kg。
  35. 主な添付品:取り扱い説明書、バッテリパック、ACアダプタ、Windows95添付品セット、Windows95添付品セット返却用封筒(Nr13は除く)、サービス網一覧、お客様登録カード、保証書、おいでまシート等。

バッテリ稼働時間

  1. 標準バッテリのみ約1.0~1.2時間
  2. セカンドバッテリ(オプション)使用時約2.0~2.4時間

※使用するOS/アプリによっては、上記ハードウェア機能をサポートしていない場合があります。

ラインナップ:1997年1月

  1. PC-9821Nr150/X14F:600,000円

Windows95添付品セットは、インストール済みWindows95は市販のものとは異なる部分がありますので必ずバックアップCD-ROMを使用のこと。

※Windows3.1を利用する場合は、Windows95添付品セットを返却することによってWindows3.1添付品セットを入手することができます。

WindowsNT4.0の利用も可。

スポンサーリンク

あとがき
モデルチェンジでサウンド機能が強化され、PC/ATで利用されていたSB AWE32並みのMIDIが楽しめる。価格が相変わらずのネックだが、それを除けば、個人向けといえる。
コメント
関連記事

コメントする

前のページ:≪ PC-9821Nr15/Nr13/Nr12
次のページ:PC-9821Nr166/X30N /X30F ≫