PC-9821V7 ※1995/11発売~98MATE VALUE STAR

「好評の、すぐに使える98セットモデル。新シリーズ登場。」

現在NECパソコンのブランド名であるValueStarの名前は、1995年11月発売の98MATE VALUE STARから始まっており、当時は頭文字を取ってV-MATEと呼ばれたことがあります。デスクトップ形と98MULTiの流れを汲む一体型とがありますが、基本スペックは同じです。

買ってすぐ使える一太郎/123モデルとWord/Excelモデルとがあり、最初の立ち上げ時にWindows3.1かWindows95を選ぶようになっています。

デスクトップ型のみPCIスロット及びファイルベイが装備されています。

スポンサーリンク

PC-9821V7スペック

  1. CPU
    Pentiumプロセッサ(75MHz) ※内蔵キャッシュ16KB
  2. セカンドキャッシュ
    オプション(最大:256KB)
  3. チップセット
    VLSI Supercore594(Wildcat)かIntel 430FX(Triton) ※ロットによって異なる。[PCI Rev:2.0]。
  4. ROM
    BIOS、N88-BASIC(86)、システムセットアップメニュー他128KB
  5. メインRAM
    標準8MB。パリティー無し。
  6. メインRAM増設
    最大128MB。
    ※本体標準実装のRAMサブボード(2枚)を取り外し、増設RAMサブボード(32MB)を計4枚実装すること。
  7. VRAM
    1MB。※ビデオ/テキスト/アクセラレータ共用
  8. テキスト表示※MS-DOS時のみ
    英数カナ80文字×25行/80文字×20行
    漢字(16ドット、ゴシック体)40文字×25行/40文字×20行。
    文字単位にアトリビュート設定可能(リバース、ブリンク、シークレット、8色カラー)
    ※グラフィック画面とは独立したテキスト画面を継承。アクセラレータとの合成不可
  9. グラフィックス表示 ※MS-DOS時のみ
    640×400ドット2画面16色/256色表示
    640×400/480ドット1画面(256色)
    ※アクセラレータとの合成不可
  10. アクセラレータチップ
    CIRRUS LOGIC社製 GD5440標準搭載(ローカルバス接続)
    ※ビデオアクセラレーション機能搭載
  11. アクセラレータ画面
    640×480ドット:256色/65,536色/1677万色
    800×600ドット:256色/65,536色
    1,024×768ドット:256色
  12. 漢字表示 ※MS-DOS時のみ
    JIS第1、第2水準、拡張、約7,600字。320KB
  13. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。Windowsキー、アプリケーションキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  14. 内蔵FDD
    3.5インチ2HD/2DDのFDDを1台内蔵。最大2台
  15. 増設FDDベイ
    増設用3.5インチFDDまたはPCカードスロット搭載可
  16. HDD
    850MB(E-IDE)。
  17. CD-ROM
    4倍速マルチセッション対応CD-ROMドライブ内蔵。
    ※V7/S5及びV7/S7は本体内ファイルベイに内蔵済み。V7/C4Kは本体内内蔵済
  18. シリアルI/F
    RS232C準拠
  19. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  20. マウスI/F
    バスマウス仕様
  21. CRT接続
    アナログRGB(V7/C4KはCRT組み込み型)
  22. サウンド
    PCM録音/再生機能
  23. サウンド入出力
    マイクロホン入力(モノラル、ミニジャック、本体前面)
    ライン入力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)
    ヘッドホン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体前面)
    ライン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)
    スピーカ出力 (モノラル)
  24. 拡張スロット
    16ビットのCバス2個。
  25. PCIバス
    V7/S5及びV7/S7のみPCIスロット1個あり
  26. ファイルベイ
    V7/S5及びV7/S7は1個(CD-ROMドライブ内蔵済)
  27. パワーマネージメント
    あり(内蔵FDD/HDDモータ、省エネ対応モニタの制御)
  28. サービスコンセント
    1個
  29. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  30. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  31. パワーマネジメント
    あり。内蔵FDD/ HDDのモータON/OFF制御。省エネ対応ディスプレイ(V7S5またはV7S7モデル)及び内蔵ディスプレイの制御(V7/C4Kモデル)
  32. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  33. サービスコンセント
    1個(V7/C4Kモデルはなし)
  34. 湿温度条件
    10~35℃、20~80%(ただし結露しないこと)
  35. 外形寸法
    V7/S5 or V7/S7:380(W)×390(D)×150(H)㎜(ゴム足含む)
    V7/C4K:355(W)×435(D)×449(H) ㎜(ゴム足含む) ※一体型
    キーボード:439(W)×183(D)×31(H)㎜
  36. 重量
    V7/S5 or V7/S7:約9.0kg
    V7/C4K:約21.4kg※一体型
    キーボード:1.2kg
  37. 添付CRTディスプレイ
    ■15インチ(V7/S5K):360(W)×382(D)×359(H)㎜(専用回転台含む)、解像度は640×400ドット、640×480ドット、800×600ドット、1,024×768ドット(マルチスキャン。自動切替)。重量約12.5kg
    ■17インチ(V7/S7K):423(W)×465(D)×424(H)㎜(専用回転台含む)、 解像度は640×400ドット、640×480ドット、800×600ドット、1,024×768ドット、1,280×1,024ドット*5(自動切替)。重量約19.2kg
    ※V7C4Kモデルは本体+CRT一体型。14インチCRTディスプレイを本体に内蔵。解像度は640×400ドット、640×480ドット、800×600ドット、1,024×768ドット(マルチスキャン。自動切替)
  38. 主な添付品
    キーボード、マウス、ガイドブック、バックアップCD-ROM、Windows95添付品セット(ソフト関連マニュアル、インストール用FD媒体、バックアップCD-ROM)、Windows95返却用封筒、電源ケーブル、アース線、保証書。123及び、Word/Excelには詳細マニュアル付属。一太郎は簡易マニュアルのみ付属、添付の申込書により詳細マニュアル入手可。一太郎/123モ デルには一太郎用バックアップCD-ROM1枚が付属、Word/ExcelモデルにはWord Excel用バックアップCD-ROM2枚が付属。
  39. 発売
    1995/11
  40. 備考
    modelAは一太郎/123インストール済み。modelBはWord/Excelインストール済み。

ラインナップ

  1. PC-9821V7/S5K model A:価格238,000円 デスクトップ型 一太郎/123モデル
  2. PC-9821V7/S5K model B:価格238,000円デスクトップ型 Word/Excelモデル
  3. PC-9821V7/S7K model A:価格288,000円デスクトップ型 一太郎/123モデル
  4. PC-9821V7/S7K model B:価格288,000円デスクトップ型 Word/Excelモデル
  5. PC-9821V7/C4K model A:価格218,000円本体CRT一体型 一太郎/123モデル
  6. PC-9821V7/C4K model B:価格218,000円本体CRT一体型 Word/Excelモデル

640×480ドット表示は、MS-DOS6.2使用時かWindows3.1/Windows95使用時のみです。またビデオアクセラレーション機能は、MPEG再生時のみとなります。

ファイルベイはデスクトップ形のみあり、既にCD-ROMドライブ取り付け済となっていますが取り外し可能です。

Windows3.1を選択した場合は、添付のWindows95返却用封筒でWindows95添付品セットを返却することで、Windows3.1添付品セットを入手することが出来ます。

一体型機もラインされていますが、その後のモデルチェンジ(実態はマイナーチェンジ)では、デスクトップ機とタワー型機が主役です。ということで、現在のVALUESTARブランド機は、ここから始まりました。

V-MATE/VALUE STARは、個人向けのPC-9821という位置づけで、PC-9821C(98MULTi/Canbe)の流れを汲んでおり、徐々にCanbeから置き換わっていくこととなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました