PC-9821Xa13/W Xa16/W ※1996/7発売~

「イントラネット時代を支えるネットワーククライアント、誕生。」

前モデルであるXa13/K及び、Xa16/Rと比べると、それほど大きな違いがある、というわけではなく、本体寸法が少し大きくなったかな、という程度です。また、ビデオアクセラレータはオンボード搭載ではなく、スロットに搭載する形になりました。

型番の数字は違いますが、それほど大きな違いはないのでここのページで扱います。

スポンサーリンク

PC-9821Xa13/W Xa16/Wスペック

  1. CPU:Xa16/WはPentium166MHz。Xa13/WはPentium133MHz。 ※いずれも内蔵キャッシュメモリ16KB。
  2. チップセット:Intel 430HX(TritonHX) [PCI Rev:2.1]
  3. セカンドキャッシュメモリ:標準256KB。最大512KB ※本体標準実装のセカンドキャッシュメモリ(容量:256KB)を取り外し、オプションのPC-9821XV20-B01(容量:512KB)を実装する。
  4. ROM:BIOS、N88-BASIC(86)、システムセットアップメニュー他128KB
  5. メインRAM:EDO ECC対応。Xa16/W30は32MB。Xa13/W及び、Xa16/W16は16MB
  6. メインRAM増設:最大128MB ※本体標準実装のRAMサブボード(2枚)を取り外し、増設RAMサブボード(64MB)を2枚1組で2組(合計4枚)実装する。
  7. ビデオ/テキスト/アクセラレータ共用RAM:2MB。
  8. テキスト表示:英数カナ:80文字×25行/80文字×20行 漢字(16ドット、ゴシック体)40文字×25行/40文字×20行 ※グラフィック画面とは独立したテキスト画面を継承。切り換えて使用(8色表示)。MS-DOS時のみ可。アクセラレータとの合成不可
  9. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示 or 1677万色中256色表示
  10. アクセラレータ:Trident社製TGUI9682(TM)XGi標準搭載
    ※ビデオアクセラレーション機能搭載
    640×480ドット(256色/65,536色/1,677万色)
    800×600ドット(256色/65,536色)
    1,024×768ドット(256色/65,536色)
    1,280×1,024ドット(256色)
  11. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載。約7,600字。320KB
  12. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  13. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  14. マウスI/F:バスマウス付属
  15. CRT接続:アナログRGB
  16. サウンド:PCM録音/再生機能(ステレオ)標準装備。BEEP音。
    マイクロホン入力(モノラル、ミニジャック、本体前面)
    ライン入力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)
    ヘッドホン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体前面)
    ライン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)
  17. スピーカ:内蔵 (モノラル)。
  18. ネットワーク:100BASE-TX内蔵(10BASE-Tにも対応)、オンボードPCI接続
  19. 拡張スロット:16ビットのCバス3個。
  20. PCIスロット:2個。
  21. 拡張スロット:Cバス3個。
  22. ファイルベイ:1個。※マルチセッションCD-ROMドライブ実装済み。
  23. PCカードスロット:搭載可(増設FDDと排他使用)
  24. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDDを1台内蔵。
  25. 増設内蔵FDDスロット:増設用3.5インチFDDまたはPCカードスロット搭載可
  26. HDD:内蔵済み。HDD増設専用ベイ1個あり(専用I/F)。
  27. CD-ROM:ファイルベイに実装済み(専用I/F)。
  28. パワーマネージメント:あり(内蔵FDD/HDDモータ、省エネ対応モニタの制御)
  29. セキュリティ機構:パワーONパスワード機能、セットアップパスワード機能、I/Oロック機能(FDD、シリアル/パラレルI/F)筐体ロック対応(市販の盗難防止用ケーブル等接続)
  30. 外形寸法:Xa13/W 本体 400(W)×410(D)×150(H) ㎜(ゴム足含む) 約10.0kg
    キーボード 439(W)×183(D)×31(H)㎜ 約1.2kg
  31. 主な添付品:キーボード、マウス、ガイドブック、PCIセットアップディスク、Windows95添付品セット、Windows95添付品セット返却用封筒、電源ケーブル、アース線、お客様登録カード、サービス網一覧、保証書

※使用するOS/アプリによっては、上記ハードウェア機能をサポートしていない場合があります。

ラインナップ:1996年7月発売

  1. PC-9821Xa13/W12:価格288,000円 HDD1.2GB内蔵 6倍速CD-ROMドライブ内蔵
  2. PC-9821Xa16/W16:価格358,000円 HDD1.6GB内蔵 6倍速CD-ROMドライブ内蔵
  3. PC-9821Xa16/W16:価格468,000円 HDD3GB内蔵 8倍速CD-ROMドライブ内蔵

これらのモデルは最初電源を入れるとWindows3.1かWindows95かどちらを使用するか選択するようにできており、選ばなかった方のWindowsは消去されるようにできています。選択時には注意が必要です。

なお、Windows95添付品セットとしてマニュアル/インストールFD/CD-ROMが添付されていますが、Windows3.1希望の場合はWindows95添付品セットを返送することで入手できます。

ビデオアクセラレータはグラフィックス総合アクセラレータとしてスロットに搭載する形に改められ、テキスト/グラフィックス(MS-DOSモード時のみ)もこのアクセラレータが行うので、これを抜いてしまうと何も表示されません。ですから「抜いちゃ駄目ボード」と呼ばれることがあります。

前モデルと比較するとグラフィックス総合アクセラレータ搭載のためか奥行きが広くなったことが大きな相違ということか。全体にはPC/AT互換機に近いものとなっているのが分かる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました