PC-9821Xe10/4 DX4仕様機

「拡張性とコストパフォーマンスにすぐれた高性能マシン。」

当初i486DX4と呼ばれていましたが、他社のCPUと区別するためなのか、単にDX4と呼ばれるようになりました。これを使用したのがエントリーモデルのXe10/4モデルです。

PC-9821Xe10/4スペック

  1. CPU:DX4(100MHz) ※キャッシュメモリ:内蔵(8KB)
  2. ROM:BIOS、N88-BASIC(86)、システムセットアップメニュー他128KB
  3. メインRAM:Xe10/4 6MB / Xe10/4C 8MB
  4. メインRAM増設:最大64MB ※本体標準内蔵のRAMサブボード(1枚)を取り外し、増設RAMサブボード(32MB)を2枚実装した場合。
  5. ビデオ/テキスト共用RAM:1MB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※グラフィック画面とは独立したテキスト画面を継承。切り換えて使用(8色表示)。MS-DOS時のみ可。アクセラレータとの合成不可
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示 or 1677万色中256色表示
  8. アクセラレータ:CIRRUS LOGIC(R)社製GD5430標準搭載(ローカルバス接続) 640×480ドット(256色/65,536色/1,677万色) / 800×600ドット(256色/65,536色) / 1,024×768ドット(256色)
  9. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載。約7,600字。320KB
  10. シリアルI/F:RS232C
  11. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  12. マウスI/F:バスマウス付属
  13. CRT接続:アナログRGB
  14. サウン ド:PCM録音/再生機能(ステレオ)標準装備。マイクロホン入力(モノラル、ミニジャック、本体前面)。ライン入力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)。ヘッドホン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体前面)。ライン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)。スピーカ出力 (モノラル)。BEEP音。
  15. 拡張スロット:16ビットのCバス3個。※Xa10/C12には拡張スロットにPC-カードスロットI/Fを実装済みのため空きは2個。
  16. PCIスロット:2個(16ビットのCバス)
  17. PCMサウンドサブボード用スロット:1個 ※Xe10/4CにはPCMサウンドサブボード用スロット内にPCMサウンドサブボード(PC-9821XE-B02相当)実装済み。
  18. ファイルベイ:Xe10/4 1スロット(2台目HDD/CD-ROMドライブ/5インチFDDいずれか1台が内蔵可能) / Xe10/4C 4倍速マルチセッションCD-ROMドライブ実装済み
  19. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDDを1台内蔵
  20. 増設内蔵FDDスロット:増設用3.5インチFDDまたはPCカードスロット搭載可
  21. HDD:420MB(IDE)。※MS-DOS6.2/Windows3.1/プラグ&プレイサポートソフトウェアインストール済み
  22. CD-ROM:IDE仕様CD-ROMドライブをファイルベイに実装可。※Xe10/4Cは4倍速マルチセッションCD-ROMドライブ実装済み
  23. パワーマネージメント:あり(内蔵FDD/HDDモータ、省エネ対応モニタの制御)
  24. 外形寸法:本体 380(W)×335(D)×150(H)㎜ (ゴム足含む) / キーボード:439(W)×183(D)×31(H)㎜/1.2kg
  25. キーボード、マウス、ガイドブック、システムインストールディスク、デモンストレーションプログラム、ソフトウェア関連マニュアル、マニュアル購入券、電源ケーブル、アース線、保証書。※Xe10/4にはバックアップディスク購入券、Xe10/4CにはバックアップCD-ROM添付。

2台目のFDDは、カバーを外すと1台目の左側に取り付けスロットがあるので、ここに実装します。他のX-MATEと同じく、PCカードスロットを代わりに実装することもできます。

ラインナップ:1995/6発売

  1. PC-9821Xe10/4:価格163,000円 重量7.8kg
  2. PC-9821Xe10/4C:価格218,000円 重量8.7kg

価格的には、DOS/V機を意識したものになっています。

スポンサーリンク

あとがき
同価格帯のDOS/Vとはほぼ変わらない仕様。やればできるのである。AMDやサイリックスなど他社からも「486」名義のCPUがでているためか、単に「DX4」という名前になったらしい。
コメント
関連記事

コメントする