PC-9821Xn/Xp/Xs MATE-Aに倣ったライン

「高速、大容量、マルチメディア対応で、これからのウィンドウズマシンの新基準。」

「LAN対応ネットワーククライアントモデル」※Xs/U7WL

PC-9821XnはAn、XpはAp3、XsはAs3と同じCPUが採用されており、ラインナップはMATE-Aの最終モデルを予想させるものとなっています。XnはPentium、Xpは486DX4、Xsは486DX2が採用され、PCIスロットはありません。

PC-9821Xn/Xp/Xsスペック

  1. CPU:Xn Pentium 90MHz / Xp i486DX4 100MHz / Xs i468DX2 66MHz
  2. セカンドキャッシュメモリ:Xn:内蔵(256KB) / Xp:内蔵(128KB、最大256KB) / Xs:オプション(最大256KB)
  3. ROM:BIOS、N88-BASIC(86)、システムセットアップメニュー他:128KB
  4. メインRAM:5.6MB(Xnは7.6MB)、最大95.6MB。※本体メモリ専用スロットのサブボードを外し、32MB*3枚実装することで可。サブボードは2枚単位で実装する。
  5. ビデオRAM:512KB。
  6. テキストRAM:12KB。
  7. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※グラフィック画面とは独立したテキスト画面を継承。切り換えて使用(8色表示)。MS-DOS時のみ
  8. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示 or 1677万色中256色表示
  9. アクセラレータ:S3社製 Vision864を標準装備(ローカルバス接続)。ビデオRAM 2MB。640×400ドット (1677万色中256色/1,677万色)、640×480ドット (1677万色中256色/1,677万色)、1024×768ドット (1677万色中256色)、1280×1024ドット(1677万色中256色)
  10. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  11. シリアルI/F:RS232C
  12. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  13. マウスI/F
  14. LAN:オプション(U7WLにはCバスに装着済み)
  15. サウンド:PCM録音/再生機能(ステレオ)標準装備。マイクロホン入力(モノラル、ミニジャック、本体前面)。ライン入力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)。ヘッドホン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体前面)。ライン出力 (ステレオ、ミニジャック、本体背面)。スピーカ出力 (モノラル)。BEEP音。
  16. 拡張スロット:但しPC-9821Xs/U7WLはLANボードPC-9801-84相当品(10BASE5/-T)を実装済みのため空きは2個。
  17. ファイルベイ:1個(CD-ROMドライブ、増設HDD、5インチFDDのいずれか搭載可。但しXnC9W/XpC8W/XsC8WはCD-ROMドライブ実装済み)
  18. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDDを1台内蔵(1台増設可)
  19. HDD:IDE仕様のものを内蔵(ライトキャッシュ可)※MS-DOS5.0A/Windows3.1インストール済み。
  20. CD-ROM:ファイルベイに実装可。※Xn/C9W、Xp/C8W、Xs/C8Wにはファイルベイに倍速ドライブを実装済み(取り外し可)。

すべてがMS-DOS5.0A/Windows3.1インストール済みであり、買ってきてすぐに使えます。上位のXaと違いCD-ROMはIDE接続であること、PCIスロットがないことが異なります。これらを見ると、3代目A-MATEのXバージョン、と言うと何となく分かるような気がします。

ラインナップ:1994年7月発売ファイルベイに実装可。

  1. PC-9821Xn/U8W:価格570,000円 HDD270MB内蔵
  2. PC-9821Xn/C9W:価格660,000円 HDD540MB内蔵 ※倍速CD-ROMドライブ内蔵済み
  3. PC-9821Xp/U8W:価格448,000円 HDD340MB内蔵
  4. PC-9821Xp/C8W:価格488,000円 HDD270MB内蔵 ※倍速CD-ROMドライブ内蔵済み
  5. PC-9821Xs/U7W:価格348,000円 HDD210MB内蔵
  6. PC-9821Xs/C8W:価格398,000円 HDD340MB内蔵 ※倍速CD-ROMドライブ内蔵済み
  7. PC-9821Xs/U7WL:価格380,000円 HDD210MB内蔵

当時は個人で複数PCをLAN接続することはほとんどなかった時代ですが、企業での使用も考えたのかLANカードをCバスに実装したPC-9821Xs/U7WLという製品も用意されました。

スポンサーリンク

あとがき
一気にモデルチェンジされたとは言え、急速に普及しつつあったDOS/V機に比べると価格が高いのは大きなネックであり、使えるOSは個人では実質Windows3.1だけという状況だった。Windows3.1の限界を感じたユーザーが上位OS(WindowsNT系統とかUNIXとか)に移行するときはPC-9821ではなくDOS/V機へ移行することも多くなってきていたといえる(筆者もその一人)。
コメント
関連記事

コメントする