PC-98DO+ ※1990/10発売

「ハートふたつのやさしいパソコン。」

PC-98DOのモデルチェンジ機PC-98DO+は、CPUをV33(80286相当)に変更し、88モード時のサウンド機能をPC-8801MA2相当にアップしたマシン。

もう一つのカタログコピーは、「"98のビジネスソフトも使いたい。でも88のホビーソフトも魅力的。"こんなワガママ新しいDO+なら、心地よくひきうけてくれます。」

PC-98DO+スペック

  1. CPU:98モード時V33A 16MHz。88モード時(N)μPD7008AC(Z80H相当品)4/8MHz切り替え
  2. ROM:98モード:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。88モード:(N)N88-BASIC他128KB
  3. RAM:98モード時メインRAM640KB、ビデオRAM192KB、テキストRAM12KB、EMS拡張メモリ内蔵可(98NOTE用を使用する)。88モード時メインRAM192KB、ビデオRAM48KB、テキストRAM4KB
  4. テキスト表示:英数カナ80文字×25行/80文字×20行/40文字×25行/40文字×20行。リバース、ブレイク、シークレット。98モード時8色表示、88モード時512色中8色表示(キャラクタ単位に指定可)。
  5. グラフィックス表示
    98モード時640×400ドット2画面、640×200ドット4画面各4096色中16色表示。モノクロ時640×400ドット時8画面、640×200ドット時16画面。
    88モード時640×200ドット1画面512色中8色から選択、モノクロ時640×200ドット3画面/640×400ドット時1画面
  6. 画面合成:可(98モード時のみテキスト・グラフィックス画面優先順位設定可)
  7. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM。(16×16ドット)40文字×25行/40文字×20行。98モード時のみユーザー定義文字188種設定可。
    98モード時テキスト/グラフィックス両画面に表示。88モード時はグラフィックス画面のみ表示。
  8. 内蔵FDD:5.25インチFDDを2台内蔵。※98モードは2HD/2DD。88モードは2HD/2D
  9. HDD内蔵可能(SASI) ※98モードのみ
  10. シリアルI/F:RS232C準拠 ※98モードのみ
  11. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  12. マウスI/F:バスマウス接続。変換コネクタ(オプション)を装着すれば、98モードでもPC-8801用マウスやアタリ規格のジョイスティックを接続できる。
  13. CRT接続:アナログRGB
  14. サウンド
    98モード時FM音源/SSG音源各3重和音の計6重和音8オクターブ、BEEP音。
    88モード時OPNA(YM2608)FM音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1音の録音再生、BEEP音
  15. 拡張スロット:16ビットのCバス1個 ※98モードのみ
  16. 外寸:W380×D335×h128㎜ 9.2kg
  17. キーボード:W435×D180(D)×H34㎜ 1.2Kg
  18. 添付品:キーボード、電源ケーブル、ケーブルラベル、サービス網一覧表、お客様登録カード、保証書等
  19. マニュアル:ガイドブック、日本語N88-BASIC(86)関連(入門書、ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル)等
  20. FD:日本語N88-BASIC(86)システムディスク、88モード用システムディスク(システム及びフォーマットコマンド、バックアップコマンド格納)
  21. 1990/10発売

※MSーDOSやN88-日本語BASIC(88モード用)はオプションです。

動作制限

98モード時:数値演算コプロセッサの使用は不可。

88モード時:辞書ROMは内蔵されていない。PC-8801用拡張カードの使用は不可。RAM増設は不可。ハードディスクの使用不可。RS-232Cインタフェースの使用不可。キーボードはPC-9801用のものを使用。

ラインナップ

  1. PC-98DO+:278,000円
  2. PC-98DO/P-11:PC-98DO+のマウスコネクタに装着してアタリ規格のジョイスティックやPC-8801用マウスを接続するためのアダプタ。2,000円
  3. PC-98DO*-36:40MBHDD(専用スロットに実装) 150,000円
  4. PC-88d42-MW:N88-BASICシステムディスク。88モード用。

純正専用スロット内蔵EMSメモリ

  1. PC-9801N-02:1MB増設RAMカード 65,000円
  2. PC-9801N-01:2MB増設RAMカード 140,000円

性能アップ

98モード時は、CPUにV33A 16MHz、EGC、増設用FDD端子を搭載し、 HDD内蔵可能(SASIの40Mバイトのみ)、98NOTE用の増設EMSメモリカードスロットを装備し、一太郎など当時のPC-9801の標準的なソフトウェアを動かすに足る仕様を備えた(80286以上用のプロテクトメモリやソフト、拡張カードは使用出来ない)。

PC-98DO+はV30系CPUながらEGCによるグラフィックスの高速化を図っており、ゲームソフトで動作条件が「VX以降」とある場合、286以上をいっているのかEGCをいっているのかあやふやな部分があり、これを利用するゲームソフトが動作するのかどうか微妙な部分がある(PC-9801UR/UFと同じ)。

88モードではサウンドボード2相当音源を文字通り内蔵することで、PC-8801MA2相当の機能となっている。マウス変換コネクタPC-98DO/P-11をマウスコネクタに装着することで、98モードでもYM-2608B内蔵のジョイスティックポート経由でアタリ規格のジョイスティックを使用出来、この機能は後のPC-98GSやA-MATE、それにCanbeではないMULTiに引き継がれている。

PC-8801は前年1989年11月にMCとFE2という廉価機を発売、これを持ってPC-8801約8年の歴史にピリオドが打たれていた。すでに大多数のPC-8801ユーザーはPC-9801を買い足して2台併用する形でPC-9801へと移行しており、また一部のゲームユーザーはX68000等に移行していった。

例の「よいパソコン悪いパソコン」ではこのような評価がされていた。前機種PC-98DOと同じく、試用はされてないので「いざ使ってみると」がなく、「結論」のみとなっている。

PC-9801とPC-8801の両方のソフトが動く、といってもいろいろな制限があるので、取扱説明書をよく読まないとおかしなことが起こりかねない。それならPC-9801と中古でPC-8801の2台両方揃えた方がよほど簡単だろう。

今後88モード用にどれだけゲームが開発されるのかとなるとこの水陸両用機(?)も先が長くなさそうだ。

寸評:今年中には終わりか?

スポンサーリンク

あとがき
機能的には特に問題はなく、大ヒットしそうだったが、すでにPC-8801を持っている人はPC-9801を購入して2台両方揃えた方がソフトもハードも問題なく使えるし、すでにPC-8801の最終機種が発売されて1年経っており、初めてPCを買う人は単にPC-9801を買えば良いので結果的にヒットせずに終わった。
コメント
このブログで利用しているサーバーです。
関連記事

コメントする