PC-98DO+ 水陸両用をねらったが

「ハートふたつのやさしいパソコン。」

PC-98DOのモデルチェンジ機PC-98DO+は、CPUをV33(80286相当)に変更し、88モード時のサウンド機能をPC-8801MA2相当にアップしたものです。人気は密かにあったともいわれます。

もう一つのカタログコピーは、「"98のビジネスソフトも使いたい。でも88のホビーソフトも魅力的。"こんなワガママ新しいDO+なら、心地よくひきうけてくれます。」

1990年10月発売。

PC-98DO+スペック

  1. CPU:98モード時V33A 16MHz。88モード時(N)μPD7008AC(Z80H相当品)4/8MHz切り替え
  2. ROM:98モード:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。88モード:(N)N88-BASIC他128KB
  3. RAM:98モード時メインRAM640KB、ビデオRAM192KB、テキストRAM12KB、EMS拡張メモリ搭載可(98NOTE用を使用する)。88モード時メインRAM192KB、ビデオRAM48KB、テキストRAM:4KB
  4. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  5. グラフィックス表示:98モード時640×400ドット2画面、640×200ドット4画面各4096色中16色表示。88モード時
    モノクロ640*200ドット3画面、640*200ドット1画面カラー512色中8色から選択
  6. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  7. シリアルI/F:RS232C ※98モードのみ
  8. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  9. マウスI/F:バスマウス接続。変換コネクタ(オプション)を接続すれば、98モードでもPC-8801用マウスやアタリ規格のジョイスティックを使用できる。
  10. カセット(CMT)I/F:オプション、拡張スロット内実装可(300ボー/1200ボー)
  11. CRT接続:アナログRGB
  12. サウンド:98モード時FM音源/SSG音源各3重和音の計6重和音8オクターブ、BEEP音。88モード時OPNA(YM2608)FM音源6重和音+リズム6音+SSG音源3重和音+ADPCM1音の録音再生、BEEP音
  13. 拡張スロット:16ビットのCバス1個 ※98モードのみ
  14. 内蔵FDD:5.25インチFDDを2台内蔵。※98モードは2HD/2DD。88モードは2HD/2D
  15. HDD内蔵可能(98NOTE用SASI) ※98モードのみ

動作制限

98モード時:数値演算コプロセッサの使用は不可。

88モード時:辞書ROMは内蔵されていない。PC-8801用拡張カードの使用は不可。RAM増設は不可。ハードディスクの使用不可。RS-232Cインタフェースの使用不可。キーボードはPC-9801用のものを使用。

ラインナップ

  1. PC-98DO+::278,000円
  2. PC-98DO/P-11:PC-98DO+のマウスコネクタに装着してアタリ規格のジョイスティックやPC-8801用マウスを接続するためのアダプタ。2,000円

性能アップ

98モード時は、CPUにV33A 16MHz、EGC、増設用FDD端子を搭載し、 HDD内蔵可能(98NOTE用SASIの40Mバイトのみ)、98NOTE用の増設EMSメモリカードスロットを装備し、一太郎など当時のPC-9801の標準的なソフトウェアを動かすに足る仕様を備えました(80286以上用のプロテクトメモリやソフト、拡張カードは使用出来ない)。

88モードではサウンドボード2相当音源を文字通り内蔵することで、PC-8801MA2相当の機能となりました。マウス変換コネクタ PC-98DO/P-11をマウスコネクタに装着することで、98モードでもYM-2608B内蔵のジョイスティックポート経由でアタリ規格のジョイスティックを使用出来、この機能は後のPC-98GSや初代PC-9821、A-MATE、それにCanbeではないMULTiに引き継がれます。

すでにPC-8801は前年1989年11月にMCとFE2という廉価機を発売、これを持ってPC-8801約8年の歴史にピリオドが打たれており、時期を逸したために商業的には失敗に終わっています。

その後大多数のPC-8801ユーザーはそのままPC-9801へ、また一部のゲームユーザーはX68000等に移行していきました。

よいパソコン悪いパソコンのPC-98DO+への評価は

前機種PC-98DOと同じく、試用はされてないので「いざ使ってみると」がなく、「結論」のみとなっている。

PC-9801とPC-8801の両方のソフトが動く、といってもいろいろな制限があるので、取扱説明書をよく読まないとおかしなことが起こりかねない。それならばPC-9801と中古でPC-8801の2台両方揃えた方がよほど簡単だろう。

今後88モード用にどれだけゲームが開発されるのかとなるとこの水陸両用機(?)も先が長くなさそうだ。

寸評:今年中には終わりか?

※当時PC-9801も相当ゲームソフトが充実していたし、果たしてこの機種が売れたのかどうかは...(筆者より)

スポンサーリンク

あとがき
機能的には特に問題はなく、大ヒットしそうだったが、すでにPC-8801を持っている人はPC-9801を購入して2台両方揃えた方がソフトもハードも問題なく使えるし、すでにPC-8801の最終機種が発売されて1年経っており、初めてPCを買う人は単にPC-9801を買えば良いので結果的にヒットしなかった。
コメント
関連記事

コメントする