PC-98GS 91/11 マルチメディアの実験機

「98から始まるマルチメディア。」

「文字も、画像も、サウンドも。人が求めるメディアコミュニケーション、PC-98GS登場。」

PC-98という型番のマシンは、どれも実験機的な要素が強いですが、このPC-98GSというマシンは、マルチメディアの実験機、というところでしょうか。1年後に登場するPC-9821の原型ともなります。

1991年11月発売。

PC-98GSスペック

  1. CPU:i386SX(20MHz)/V30(8MHz) ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:2.6MB、最大12.6MB(メモリ専用スロット6MB)
  4. ビデオRAM:256KB。拡張用1MB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8色表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示
  8. グラフィックス拡張表示:640×200/240 640×400/640×480/各ドットあり。1677万色同時発色・165,536色同時発色・1677万色中256色同時発色。
  9. Windowsモードグラフィックス表示:1024×512ドット時65,535色、1024×240ドット時1677万色
  10. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  11. シリアルI/F:RS232C
  12. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  13. 外付けFDD用I/F:2HD
  14. HDD:40MB内蔵済み(SASI)
  15. マウスI/F:バスマウス対応
  16. AVスロットI/F
  17. SCSII/F:内蔵済み
  18. SASII/F:内蔵HDDに外付け端子が出ている
  19. CRT接続:アナログRGB
  20. サウンド:YM2608(OPNA)搭載。PCM音源1ch ステレオ、リズム音源6ch ステレオ、FM音源6ch ステレオ、SSG音源3ch モノラル/BEEP音
  21. 拡張スロット:16ビットのCバス4個
  22. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。
  23. 内蔵CD-ROM仕様:SCSI I/F。平均アクセスタイム350msカートリッジケースによるフロントローディング方式(キャディ式)
  24. 備考:MS-DOS5.0インストール済み、Microsoft Windows3.0Aインストール済み、AuthorwareStar(オーサウェアスター)インストール済み
  25. 添付品:キーボード、マウス、電源ケーブル、アース線、終端BOX、CD-ROMカートリッジ、保証書、ケーブルラベル、お客様登録カード、サービス網一覧表、グリーティングカード。

  26. マニュアル14冊:ガイドブック、ハードウェアマニュアル、インストールガイド、MS-DOS5.0(2冊)、MS-WINDOWS3.0A(4冊)、AuthorwareStar(5冊)
  27. FD22枚:GSガイドツアー(4枚)、MS-DOS5.0(3枚)、CD-ROMExtensions(1枚)、MS-WINDOWS3.0A(4枚)、AuthorwareStar(10枚)

PC-98GSラインナップ

  1. PC-98GS model:698,000円 CD-ROMなし
  2. PC-98GS model:828,000円 CD-ROM等速ドライブ内蔵(キャディ式)

すでに発売済みのPC-9801DA/DS/DXではV30の搭載はやめ、インテルCPUのみ搭載となっていますが、本機では開発に長期間を要しており、V30も搭載した仕様のままで発売されています。

本機ではMS-DOS5.0とWindows3.0がプリインストールされているので、買ってきてすぐに使うことができます。ビデオ編集ソフトとしてオーサウェアスターもインストールされています。

マルチメディアの実験機、とはいってもWindows3.0にはまだマルチメディア機能が搭載されてなく、別売のマルチメディアエクステンションを組み込まないとなりませんが、発売当時はまだ日本語版は出ていませんでした。

このマシンでは、PC/AT互換機のVGAモード、つまり640×480ドット表示が標準搭載されたこと、また1677万色表示が可能となっています。サウンドも、PCM録音機能が装備され、FM音源/SSG音源も各6重音に増えています。

PC-98DO/P-11をマウスコネクタに装着してアタリ規格のジョイスティックを接続することもできます(この場合マウスとの併用は出来ない)。

CD-ROMドライブも初めて搭載されていますが、等速であること、また価格が非常に高いことも驚きます。

これらの機能は翌年のPC-9821で搭載されるので、いわばご先祖様、といえます。しかし、FDの2HDモード、つまり1.44MBはなく、1.2MBのままとなっています。

誰が買うのか?

確かに意欲的な製品とはいえますが、標準価格がCD-ROMなしモデルでも698,000円もします。まさか、こんな高価なマシンをビデオタイトラーに買う人はいないでしょう。案の定、高額すぎてほとんど売れなかったというショップが大半でした。

マルチメディアが将来もし盛んになるとしても必ずサードパーティが機器を出して対応してくるはずなので、必要に応じて買い足していけばよい、というわけでこのマシンはパスしたい、というのが大方の見方でした。

スポンサーリンク

あとがき
Windows3.0日本語版が発売されていたとはいえ、対応ソフトはほとんどなく、当時はまだまだMS-DOS全盛期だった。価格もあまりにも高額すぎて看板倒れの危険もあった。1年後に発売されるPC-9821「98mULTi」のプロトタイプとなる。
コメント
このブログで利用しているサーバーです。
関連記事

コメントする

前のページ:≪ PC-98DO+ ※1990/10発売