PC-98HA 小さければいいってものでは...

「情報社会を漫遊しよう。みんなの、新ツール・HANDY98。」

小型軽量化を進めたマシンとしては、PC-98HA、別名HANDY98があります。このマシンは以前発売されていたPC-98LTの後継機種です。サイズはA4サイズでちょうどよい大きさです。

バッテリも含め1.1kgと軽くできています。デザインは電子手帳のような感じで、折り畳むことができ、カラーはブラックです。

PC-98HAスペック

  1. CPU:V50 8MHz固定
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. RAM:メインRAM640KB。ビデオRAMはテキスト・グラフィック共用で32KB。
  4. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM標準搭載
  5. インタフェース(I/F):カードスロット、ドッキングステーション接続バス
  6. シリアル(RS232C)/プリンタ(セントロニクス社仕様)利用可
  7. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDFDDを利用可。

ラインナップ

  1. PC-98HA:1990/10発売。198,000円

ソフトとしては、総合ソフト「MS-Works」がメモリカードで標準装備されていて、ワープロ・表計算などの機能があり、これはなかなか使えるようでした。

専用バスにドッキングステーション(5万円)を繋いで、外部FDDや専用モデムを利用することができます。ここで気をつけなければいけないのは、ソフトで使えるのはデータのみであるということです。つまり、PC-9801Nなどを持っていて、それで使っているソフトを読み込ませようとしても互換性はありません。

専用ソフトがそれ以上出ることなく終わりましたし、電子手帳のような使い方しかできないのは仕方がありませんが、後継機種が出て値崩れし始めたPC-9801Nの方を選んだ方が良いということとなりました。

寸評:小さければいいってものでは...

スポンサーリンク

あとがき
PC-98LTは互換性がなく不人気で終わったため当然売れ残りソフトの在庫はあっただろうから、何とかそれを処分したいソフトハウスのリクエストでPC-98HAが出たのではという噂まであった。シリーズは文字通り最初で最後となった。
コメント
関連記事

コメントする