PC-98LTmodel1/model2 互換性のないユーザー不在マシン

「ビジネスの行動範囲を広げるラップトップ16ビット」※model1/2

「ラップトップの実験機といわれているのがPC-98LTで、型番からも分かるように、PC-9801とはソフトウェアレベルの互換性のないマシンである。3回にわたり発売され、プリンタセットモデルも用意された。

スポンサーリンク

PC-98LTスペック

機能仕様
CPU V50 8MHz固定
ROM 512KB
メインRAM 384KB。最大640KB
グラフィックVRAM グラフィックス/テキスト両用32KB
漢字表示 JIS第1水準漢字、JIS第2水準漢字標準搭載
液晶画面 640×400ドット1画面2階調表示
シリアル RS232C準拠
プリンタ セントロニクス社仕様準拠
内蔵FDD 3.5インチ2HD/2DD両用FDDを1台内蔵。
拡張スロット 専用拡張バス1個(CRT.FDD.通信制御アダプタ等利用可能)
モデムボード専用スロット あり
外寸 W305(㎜)×D265(㎜)×H65(㎜)
重量 3.8kg
添付品 グリーティングカード、PC-98LTシステムセットアップについて、ソフトウェア使用権許諾契約書、保証書、お客様登録カード、NECサービス網一覧表、ACアダプタ、プリンタケーブル、FD2枚(無手順ターミナルユーティリティ、デモンストレーションプログラム/セットアッププログラム)
添付マニュアル PC-98LTガイドブック、PC-98LTN88ー日本語BASIC(LT)(MS-DOS版)ユーザーズ/リファレンスマニュアル、PC-98LT日本語MS-DOS(3.1)ユーザーズガイド、無手順ターミナルユーティリティユーザーズマニュアル
備考 拡張用マイクロFDDPC-98LT-31により1ドライブ増設可能(拡張専用ケーブルPC-98LT-14が必要)

>VXシリーズなどと同時発売され、専用ソフトのアナウンスもあった。このときのモデルは携帯版という位置づけながら、キャリングハンドルがなく持ち運びには不便だった。

PC-98LTラインナップ

型番発売価格備考
PC-98LT model 1 238,000円 1986年11月 -
PC-98LT model 2 288,000円 1986年11月 熱転写プリンタ(PC-PR102TL)セットモデル

PC-98LTについてはいろいろといわれるが、PC-9801との互換性がないので、名前だけで吊られて買うと後でひどい目に遭うマシンの例ということになる。

PC-9801とのソフトウェアレベルでの互換性のないマシンは勧められない。

寸評:名前だけで吊られて買うと後でひどい目に遭うマシン

スポンサーリンク

あとがき
PC-9801とのソフトウェア互換性がないため不人気機種に数えられるマシン。ソフトハウスが互換性がないように働きかけたとかいろいろな噂が流れたが、実際のところは分からない。PC-98XAでの失敗から何も学んでないな…と思うのは筆者だけだろうか。
コメント
関連記事

コメントする