PC-98LT 互換性のないユーザー不在マシン

「ビジネスの行動範囲を広げるラップトップ16ビット」※model1/2

「さらに強化してより使いやすくなったラップトップパソコン」※model11/21

ラップトップの実験機といわれているのがPC-98LTで、型番からも分かるように、PC-9801とは互換性のないマシンです。互換性をなくしたのは、ソフトハウスが専用ソフトを開発できるようにするためメーカーに強いリクエストをかけたためだとかいろいろな噂が流れました。

例のよいパソコン悪いパソコンではそのようにとらえていたようです。

PC-98LTスペック

  1. CPU:V50 8MHz固定
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. RAM:メインRAM384KB。※Model1*/2*は640KB。ビデオRAMはテキスト・グラフィック共用で32KB。
  4. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM標準搭載
  5. インタフェース(I/F):シリアル(RS232C)、プリンタ(セントロニクス社仕様)
  6. 拡張スロット:専用拡張バス1個
  7. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。

3回にわたり発売され、プリンタセットモデルも用意されました。

1986年11月発売

VXシリーズなどと同時発売され、専用ソフトのアナウンスもありました。このときのモデルは携帯版という位置づけながら、キャリングハンドルがなく持ち運びには不便でした。

  1. PC-98LT model 1 価格238,000円
  2. PC-98LT model 2 価格288,000円 ※熱転写プリンタ(PC-PR102TL)セットモデル

1987年11月発売

今回のマイナーチェンジでは、メモリが640KBに増えたことと、キャリングハンドルがついたことです。

  1. PC-98LT model 11 価格238,000円
  2. PC-98LT model 21 価格288,000円 ※熱転写プリンタ(PC-PR102TL2)セットモデル

すでに、互換機メーカーのエプソンから、PC-9801互換のPC-286Lが登場し、HDD内蔵も可能だったので、明らかに失敗作といわなければならないモデルでした。

1988年11月発売

1988年3月にようやく、完全互換のLV21が登場しましたが、同年11月に386SXを搭載したLSモデルと同時に発売されたPC-98LT22は、熱転写プリンタとのセット機種です。

  1. PC-98LTmodel22 価格288,000円 ※熱転写プリンタ(PC-PR102TL3)セットモデル

LTは互換性がないため不人気となってしまっていますが、後継機種としてLT互換のHAが登場します。

よいパソコン悪いパソコンの評価

ソフトの互換性がないのは致命的である。ソフトハウスの方もその辺を考えてくれて、データの互換性は持たせてくれている。現在PC-9801を持っていて、2台目のマシンとして買うのなら悪くないだろう。

しかし、ラップトップ機をメインとして使うのならこのマシンはやめた方が良いだろう。エプソンPC-286Lを選ぶか、東芝のラップトップ機の方が良いだろう。

寸評:PC-9801完全互換とせよ

スポンサーリンク

あとがき
その後、互換機メーカーのEPSONから、PC-9801完全互換のPC-286Lが出たので、NECもあわててPC-9801完全互換のPC-9801LVを発売している。NECはエンドユーザーの怖さを知らなかったようだ。
コメント
関連記事

コメントする