PC-98RL 最後のCバスハイレゾモデル

「プロフェッショナルの創造性をさらに高めるハイレゾ対応98。」※RLmodel2/5

「高速CPUと高精細グラフィックスで 専門分野のニーズに応えるプロフェッショナル32ビット。」※RLmodel21/51

XLとXL2を統合したのがこのRLで、最後のCバスハイレゾモデルともなり、外見ではPC-9801RAと同じデザインながら横長になっていることが大きな特徴だ。

(H)はハイレゾ、(N)はノーマル。

PC-98RLスペック

  1. CPU
    (H)(N)i80386 16/20MHz ※(N)の20MHz動作は21/51から
    (N)V30 8MHz
    ※切り換えて稼働。
  2. ROM
    (H)64KB
    (N)N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. RAM:メインRAM1.5MB。
  4. RAM増設
    (H)最大14.5MB
    (N)最大14.6MB
  5. ビデオRAM(H)512KB。(N)256KB。
  6. テキストRAM:12KB。
  7. テキスト表示
    (H)80文字×25行。
    (N)80文字×25行/80文字×20行。40文字×25行、40文字×20行。
    リバース、ブレイク、シークレット、8色表示(キャラクタ単位に指定可)。
  8. グラフィックス表示
    (H)1120×750ドット画面。4096色中16色時1画面、16階調濃淡表示4画面、モノクロ時1画面。
    (N)640×400ドット2画面16色表示、640×200ドット4画面16色表示。モノクロ時640×400ドット8画面、640×200ドット16画面。
  9. 画面合成:可(優先順位設定可)
  10. 漢字表示
    JIS第1水準漢字ROM、JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載、ユーザー定義文字188種。
    (H)40文字×25行、24×24ドット。明朝体。
    (N)40文字×25行/40文字×20行、16×16ドット。ゴシック体。
    ※テキスト/グラフィックス画面に表示可。
  11. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD両用FDDを2台内蔵。
  12. HDD:内蔵可(5/51モデルは内蔵済み)
  13. シリアルI/F:RS232C準拠
  14. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  15. 外付けFDD用I/F:2HD対応
  16. マウスI/F:バスマウス対応
  17. CRT接続:アナログRGB
  18. サウンド:BEEP音。オプションでFM音源等利用可、拡張スロット内に実装
  19. 拡張スロット:16ビットのCバス4個。
  20. 本体寸法:(W)470㎜×(D)405㎜×(H)150㎜
  21. 本体重量:model2は12.4kg。model5は13.8kg。
  22. キーボード:(W)435㎜×(D)180㎜×(H)×34㎜ 1.2kg
  23. 添付品:キーボード、アース線、電源ケーブル、プリンタケーブル、RS-232Cチェック用ループコネクタ、ケーブルラベル、サービス網一覧表、お客様登録カード、保証書、グリーティングカード
  24. マニュアル:ガイドブック、ハードウェアマニュアル、システムチェックマニュアル
  25. FD:システムチェックプログラム、PCトレーニングディスク

ハイレゾモードは、アートとして使うよりも、CAD/CAM用途やDTPに使うために搭載されているモードである。

PC-98RL2/5ラインナップ:1989年2月発売

  1. PC-98RL model 2:価格735,000円 HDDオプション(SASI)
  2. PC-98RL model 5:価格970,000円 HDD40MB内蔵(SASI)

1990年1月にPC-H98シリーズが登場すると、本機の立場は微妙なものとなってしまい、価格を引き下げるマイナーチェンジを行われた。これは、型番からいっても常套手段に出たわけだ。

PC-98RL21/51ラインナップ:1990年9月発売

  1. PC-98RL model 21:価格700,000円 HDDオプション(SASI)
  2. PC-98RL model 51:価格860,000円 HDD40MB内蔵(SASI)

その他の変更点

  1. 本体寸法:(W)470㎜×(D)405㎜×(H)150㎜
  2. 本体重量:model21は12.4kg。model5は13.8kg。
  3. キーボード:(W)435㎜×(D)180㎜×(H)×34㎜ 1.2kg

ハードディスク搭載モデルは11万円、未搭載モデルでも35,000円安くなっている。とはいえ、個人で購入するにはやはり高価である。以降は、PC-H98にハイレゾが引き継がれ、個人で使える高解像度マシンは1993年1月登場のPC-9821Aからになった。

寸評:異次元のパソコン

スポンサーリンク

あとがき
ハイレゾリューションモードは日本語の表示という点からも絶対必須であったが、いかんせん高価格すぎて個人で買うのは冒険となってしまった。個人レベルで使えるようになるのはPC-9821Aからで、本機登場から5年後である。
コメント
このブログで利用しているサーバーです。
関連記事

コメントする