PC-98XA ハイレゾだけのマシン

「スーパー・パソコンPC-98XA登場。」※1985年5月発売時

「スーパーパソコン98XAがパソコンのイメージを変えた。」※1986年5月マイナーチェンジ

PC-98XAは、PC-9801U2と同じ1985/05に発売され、i80286とハイレゾモードが売りでした。

型番から分かるように、このマシンはPC-9801ではなくPC-98なので、PC-9801との互換性がほとんどないのです。

PC-98XAスペック

  1. CPU:i80286を8MHzで稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:512KB 最大768MBまで拡張可。
  4. ビデオRAM:512KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 切り換えて使用(8色表示)。
  7. グラフィックス表示:1120*750ドット1画面。4096色中16色表示
  8. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM標準搭載。拡張漢字ROM(オプション)
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. 8インチFDD外付け用I/F:オプション(拡張スロット内に実装)
  12. 5.25インチFDD外付け用I/Fあり
  13. マウスI/Fあり
  14. カセット(CMT):オプション、拡張スロット内に実装(300ボー/1200ボー)
  15. CRT接続:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  16. サウンド:BEEP音(オプションでFM音源/SSG音源拡張スロット内搭載可)
  17. 拡張スロット:16ビットのCバス4個

CPUにはi80286を採用し、グラフィックスはハイレゾリューションと呼ぶ1120*750ドット画面だけとなります。このため、PC-98XA用に開発されたソフトでなければ動作しません。

モデル1はFDDはオプション、モデル2は2HD/2DDのFDD2台内蔵、モデル3はモデル2に20MBのHDDを搭載したモデルです。

  1. PC-98XA model1:FDDなし(内蔵可能) HDDなし(内蔵可能) 575,000円
  2. PC-98XA model2:5.25インチFDDx2 HDDなし(内蔵可能) 695,000円
  3. PC-98XA model3:5.25インチFDDx1 HDD20MB内蔵(SASI) 1,035,000円

1986/5にマイナーチェンジされ、同時に価格も引き下げられました。

  1. PC-98XA model11:FDDなし(内蔵可能) HDDなし(内蔵可能) 495,000円
  2. PC-98XA model21:5.25インチFDDx2 HDDなし(内蔵可能) 575,000円
  3. PC-98XA model31:5.25インチFDDx1 HDDなし(内蔵可能)20MB内蔵(SASI) 865,000円

型番の後ろに「1」がつくようになるのもここから始まったようです。

PC-98XAは、互換性の問題から、一部の研究機関や企業などにユーザーが限られていたので、640*400ドットの画面も持たせ、PC-9801との互換性を持たせたPC-98XLが1986年に登場します。

よいパソコン悪いパソコンの評価

NECはこのマシンよりも、次世代32ビット機の方に力を入れている。286マシンの扱いには迷いがあるようだ。このパソコンより安い286マシンはいくらでもある。やっと286元年と呼ばれるようになったので、買い控えを勧める。

スポンサーリンク

あとがき
ハイレゾモードしかないので、従来のソフトが動作せず、用途は限られていた。従来のソフトが動かないという問題を解消するため、事実上VMを同居させたXLが後に登場する。またスピードはVMより多少速いかな、という程度で、思ったほど早いわけではない。
コメント
関連記事

コメントする