PC-98XL 価格ほどの価値がないマシン

「プロフェッショナルの高度な要求に応える16ビット最高峰。」

PC-98XAがあまり売れていなかったことから、VMシリーズのノーマルモードを搭載し、PC-9801との互換性を持たせたのがこのPC-98XLです。

前面の切り替えスイッチで、ノーマルモードとハイレゾモードの切り替えができます。i80286はハイレゾモードでのみ動作します。ハイレゾモードはH、ノーマルモードはNと記します。

PC-98XLスペック

  1. CPU:i80286 10/8MHz(H)/i80286 8MHz(N)/V30 10/8MHz(N) ※切り換えて稼働。
  2. ROM:(N)N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。(H)64KB
  3. RAM:メインRAM1MB。拡張スロット内に増設可(最大7.5MB)。ビデオRAM(N)256KB。(H)512KB。テキストRAM:12KB。
  4. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。※切り換えて使用(8色表示)。
  5. グラフィックス表示:(H)1120*750ドット1画面。4096色中16色表示(N)640×400ドット2画面16色表示、640×200ドット4画面16色表示(モノクロはこの倍)
  6. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM、JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載(テキスト/グラフィックス画面に表示)
  7. インタフェース(I/F):シリアル(RS232C)、プリンタ(セントロニクス社仕様)、外付けFDD用I/F(2HD)、マウスI/F、カセット(CMT)オプション、拡張スロット内実装(300ボー/1200ボー)、8インチFDDI/F(オプション、拡張スロット内に実装)
  8. CRT接続:アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  9. サウンド:BEEP音のみ(オプションでFM音源/SSG音源搭載可。拡張スロット内に実装)。
  10. 拡張スロット:16ビットのCバス4個。
  11. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。Model1はオプション。
  12. HDD:内蔵可 ※Model4は内蔵済み(SASI)

ラインナップ

  1. PC-98XLmodel1 価格495,000円
  2. PC-98XLmodel2 価格575,000円
  3. PC-98XLmodel3 価格835,000円

全機種1986/11発売

ノーマルモードを搭載することで、PC-9801シリーズ用のソフトが使えるようになりましたが、これはかなり苦肉の策でした。

グラフィックスはハイレゾモードなので、CADに使うのがもっとも最適な方法で、またDTPとして使うのも良い方法でした。当時はまだ640×400ドットのノーマルモードで十分だったのです。そういうわけで、当時はまだ、一部の企業や研究機関などでしか需要がない状況でした。

個人用途に使えるハイレゾ対応ソフトはほとんどなく、店頭で売っているのを見たことがありませんでした。

よいパソコン悪いパソコンの評価

速度はVXと同じで、思ったほど早くない。処理速度の向上を願ってこのマシンを買うと失望するだろう。VX21が登場したので、このマシンの優位性は高解像度というだけになってしまった。しかし、グラフィックスに関してそれほどの高解像度を必要としないのなら、こんな高価なマシンを買うより、VX21を買った方が良いに決まっている。

スポンサーリンク

あとがき
速度はVXと同じで、これはクロック周波数からも言えることだった。まだノーマルモードが主力だったから、ハイレゾリューションモードは限られた用途しかなく、よって個人向けの対応ソフトはなかったのである。
コメント
関連記事

コメントする