PC-98XL2 高価なコンピュータが好きなメーカー?

「限りない可能性を秘めた32ビット機」

PC-98XLの上位機種として、初のi386DXを搭載したマシンがPC-98XL2(ダブル)で、1987年10月発売。

PC-98XL2スペック

  1. CPU
    (H)i80386
    (N)16MHz/V30 8MHz
    ※切り換えて稼働。
  2. ROM
    (H)64KB
    (N)N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:1.5MB。
  4. メインRAM増設
    (H)最大14.5MB
    (N)最大14.6MB
    ※専用スロットに増設
  5. ビデオRAM
    (H)512KB
    (N)256KB
  6. テキストRAM:12KB
  7. テキスト表示
    (H)80文字×25行
    (N)80文字×25行/80文字×20行。40文字×25行/40文字×20行。
    リバース、ブレイク、シークレット、8色表示(キャラクタ単位に指定可)。
  8. グラフィックス表示
    (H)1120×750ドット画面。4096色中16色時1画面、16階調濃淡表示1画面、モノクロ時1画面。
    (N)640×400ドット2画面16色表示、640×200ドット4画面16色表示。モノクロ時640×400ドット8画面、640×200ドット16画面。
  9. 画面合成:可(優先順位設定可)
  10. 漢字表示
    JIS第1水準漢字ROM、JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載、ユーザー定義文字188種。
    (H)40文字×25行、24×24ドット。
    (N)40文字×25行/40文字×20行、16×16ドット。
    ※テキスト/グラフィックス画面に表示可。
  11. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD両用FDDを2台内蔵。
  12. 内蔵HDD:40MB内蔵(増設可)
  13. FDD外付け用I/F(2HD)
  14. シリアルI/F:RS232C準拠
  15. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  16. マウスI/F:バスマウス対応
  17. CRT接続:アナログRGB
  18. サウンド:BEEP音。オプションでFM音源等利用可、拡張スロット内に実装
  19. 拡張スロット:16ビットのCバス4個
  20. 本体寸法:(W)538㎜×(D)435㎜×(H)163㎜
  21. 本体重量:19.3kg
  22. キーボード:(W)470㎜×(D)195㎜×(H)×38.5㎜ 1.5kg
  23. 添付品:キーボード、アース線、電源ケーブル、プリンタケーブル、CRT接続ケーブル、RS-232Cチェック用ループコネクタ、ケーブルラベル、PC-VAN申込書、サービス網一覧表、お客様登録カード、保証書、グリーティングカード
  24. マニュアル3冊:ガイドブック、ハードウェアマニュアル、システムチェックマニュアル
  25. FD:システムチェックプログラム、PCトレーニングディスク

HDDは、SASI仕様の40MBのものがすでに内蔵されているが、2台目はこの上が空いているので、ここに取り付ける。

なお、机の上に置くと場所をとりすぎるため、床の上に置けるよう、縦置き台も用意された。

OSには、MS-DOS、MS-Windows/386、そして次世代OSとして期待されていたMS-OS/2が用意された。

PC-98XL2:価格988,000円

NECは高価なコンピュータが好きなのか、本体に数値データプロセッサ、メモリボード、メモリボードのサブボードと取り付けると自動車1台買える位の値段になる。

無理して32ビット機を買ったという満足感(?)だけではしょうがない。今は様子を見るというのも一つの方法だ。今はこれをお勧めする。また、ビジネスユースならPC-9801RAシリーズを待つことだ。

寸評:32ビットだけのマシン

スポンサーリンク

あとがき
高価なコンピュータが好き、というのがNECというメーカーだったのだろうか、PC-9821Aシリーズの登場までの5年間、非常に高価なマシンが出たものである。こんなに高価なマシンを購入して自己満足に浸る(?)のはやめて、PC-9801RAシリーズの方をお勧めしたい。
コメント
このブログで利用しているサーバーです。
関連記事

コメントする