PC-H98 model 70 初のNESAバス搭載マシン

「先進のアーキテクチャNESA採用。PCをリードするHyper98。」

RLからの流れを汲むハイレゾ/ノーマル両用マシンで、次世代バスといわれるNESAを搭載したマシンだ。グラフィック同時発色数は4096色中16色表示で、256色ボードを足すことで、1600万色中256色表示できる。

PC-H98 model 70スペック

  1. CPU:(H)386(33MHz/20MHz相当)(N)386(33MHz。V30 8MHz相当あり) ※切り換えて稼働。
  2. ROM:(H)BIOS64KB(N)N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:最大43.5MB利用可。※標準搭載メモリ量は製品ラインナップ参照
  4. ビデオRAM:(H)512KB。(N)256KB。
  5. テキストRAM:16KB。
  6. テキスト表示
    (H)80×25行
    (N)80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。※切り換えて使用。
    リバース、ブレイク、シークレット、8色または16色表示(キャラクタ単位に指定可)。
  7. グラフィックス表示
    (H)1120×750ドット1画面。
    (N)640×400ドット2画面。
    (N)640×200ドット4画面。
    各モード4096色中16色表示。※オプション使用時1600万色中256色表示。
  8. モノクログラフィックス表示
    (H)1120×750ドット表示。16階調濃淡表示4画面、モノクロ時4画面。
    (N)640×400ドット8画面。
    (N)640×200ドット16画面。
  9. 画面合成:可(優先順位設定可)
  10. 漢字表示
    JIS第1水準漢字ROM、JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載。
    ユーザー定義文字188種。
    (H)40文字×25行、24×24ドット。明朝体。
    (N)40文字×25行/40文字×20行、16×16ドット。ゴシック体。
    ※テキスト/グラフィックス画面に表示可。
  11. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD両用FDDを2台内蔵。
  12. FDD外付け用I/F:2HD
  13. HDD:内蔵可(SCSI。model100はHDD100MB内蔵)
  14. シリアルI/F:RS232C準拠
  15. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  16. マウスI/F:バスマウス対応
  17. CRT接続:アナログRGB
  18. サウンド:BEEP音のみ(オプションでFM音源等搭載可。拡張スロット内に実装)。
  19. 拡張スロット:NESAバス兼16ビットのCバス4個
  20. 外寸
    本体:(W)470×(D)345×(H)150㎜
    キーボード:(W)435×(D)180×(H)34㎜
  21. 重量
    本体:15kg
    キーボード:1.2kg
  22. 主な添付品:キーボード、AC電源ケーブル、アース線、プリンタケーブル、ケーブルラベル、ケーブルカバー、サービス網一覧表、お客様登録カード、保証書、グリーティングカード
  23. マニュアル:ガイドブック、ハードウェアマニュアル、システムチェックマニュアル
  24. FD:リファレンスディスク/システムチェックプログラム(1枚に収録)、PCトレーニングディスク
  25. 1990年1月発売

Pラインナップ

  1. PC-H98 model70-002:価格995,000円 メモリ1.5MB HDD内蔵なし(内蔵可/SCSI)
  2. PC-H98 model70-100:価格1,680,000円 メモリ5.5MB HDD100MB内蔵済み(SCSI)
  3. PC-H98-E02:1977万色中256色表示を可能とするボード。本体内に実装。

NESAバスは、32ビットバスで、16ビットのCバスと共用する(自動認識)。すでにRA(DA/FAも)モデルを使っている人なら実感していると思うが、専用のメモリスロット内にメモリ増設するのに比べると、拡張スロットにメモリ増設するのでは速度低下が発生する。これは、32ビットと16ビットのバスの違いによるものなので、多少高価でもメモリスロット用のボードを買うことが自衛策となる。こういった問題から、32ビット汎用バスが開発された。

NESAバスは、同時期開発されたPC/AT互換機用のEISAバスとよく比較されたが、EISAバスはIBMのPS/2で採用されたMCAバスの使用料が高すぎたので、PC/AT互換機メーカーが一致団結して別途作った規格である。

もっとも、PC-9801互換機を造っているのはエプソンだけだから、NESAでは特に互換性の問題はなかった。

このマシンはとても個人で購入できるような価格ではないが、NECとしては企業に売り込みたかったようだ。もっとも、企業でもあまり採用された事例はなかったようだ。

寸評:次世代98も価格だけが唯一の障害

スポンサーリンク

あとがき
次世代98、ともてはやされたが、いかんせん高価格すぎ、個人で買うのは自己満足に浸る(?)ようなものだった。企業でもPC-9801RA/RS/RXの方がよく売れていた。
コメント
関連記事

コメントする