PC-H98 model80/U80 486SX 16MHz搭載NESAマシン

PC-H98にも、Windows3.0インストールモデルが登場した。Windowsは、ご存じの通り、ハイレゾでこそ本領を発揮するのだが、当時は知る人は少なかったと思う。

CPUも最適な486SXを使っており、コプロセッサの搭載も可能。Windowsインストール済みモデルは、1991年12月発売のmodel80/U80だ。

実質的に、前年発売のmodel60/U60の後継機種と考えると良い。

スポンサーリンク

PC-H98 model80/U80スペック

  1. CPU
    (H)(N)i486SX16MHz。
    (H)i386DX16MHz相当のモードもサポート。
    (N)i386DX16/8MHz相当のモードもサポート。
  2. コプロセッサ
    使用可(487SX)
  3. ROM
    (H)BIOS:64KB
    (N)N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  4. メインRAM
    (H)1.5MB。最大47.5MB。
    (N)1.6MB。最大47.6MB。
  5. ビデオRAM
    (H)512KB。
    (N)256KB。
  6. テキストRAM
    16KB。
  7. テキスト表示
    (H)80×25行
    (N)80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。※切り換えて使用。
    リバース、ブリンク、シークレット、8色または16色表示(キャラクタ単位に指定可)。
  8. グラフィックス表示
    (H)1120×750ドット1画面。
    (N)640×400ドット2画面。
    (N)640×200ドット4画面。
    各モード4096色中16色表示。※オプション使用時1600万色中256色表示。
  9. モノクログラフィックス表示
    (H)1120×750ドット表示。16階調濃淡表示4画面、モノクロ時4画面。
    (N)640×400ドット8画面。
    (N)640×200ドット16画面。
  10. 画面合成
    可(優先順位設定可)
  11. 漢字表示
    JIS第1水準漢字ROM、JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載。
    ユーザー定義文字188種。
    (H)40文字×25行、24×24ドット。明朝体。
    (N)40文字×25行/40文字×20行、16×16ドット。ゴシック体。
    ※各テキスト/グラフィックス画面に表示可。
  12. 内蔵FDD
    5.25インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。
    U型番機は3.5インチ2HD/2DDのFDD2台内蔵
  13. HDD
    model 80-002:HDD内蔵可。
    model U80-002HDD内蔵可。
    model 80-040: HDD40MB内蔵(SASI)。
    model U80-040:HDD40MB内蔵(SASI)。
    model 80-100:HDD100MB内蔵(SCSI)。
    model U80-100:HDD100MB内蔵(SCSI)。
    model 80-040W:HDD40MB内蔵(SASI)。※MS-DOS5.0・Windows3.0インストール済み
    model U80-040W:HDD40MB内蔵(SASI)。※MS-DOS5.0・Windows3.0インストール済み
  14. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  15. シリアルI/F
    RS232C準拠
  16. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様準拠
  17. FDD外付け用I/F
    2HDのものを接続可
  18. マウスI/F
    バスマウス仕様
  19. CRT接続
    アナログRGB
  20. サウンド
    オプション。拡張スロット内に実装。
  21. 拡張スロット
    NESAバス兼16ビットのCバス4個
  22. サービスコンセント
    2個
  23. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  24. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  25. 外寸
    本体:(W)470×(D)345×(H)150㎜
    キーボード:(W)435×(D)180×(H)34㎜
  26. 重量
    model 80-002:13.5kg
    model U80-002:13.5kg
    model 80-040:15kg
    model U80-040:15kg
    model 80-100:15kg
    model U80-100:15kg
    PC-H98 model 80-040W:15kg
    model U80-040W:15kg
    キーボード:1.2kg
  27. 主な添付品
    キーボード、AC電源ケーブル、アース線、プリンタケーブル、ケーブルラベル、ケーブルカバー、サービス網一覧表、お客様登録カード、保証書、グリーティングカード
  28. 添付FD2枚
    リファレンスディスク/システムチェックプログラム(1枚のFDに収録)、PCトレーニングディスク
  29. 添付マニュアル
    ガイドブック、ハードウェアマニュアル、システムチェックマニュアル
  30. MS-DOS5.0・Windows3.0インストール済みモデルの追加添付品
    ソフトウェア使用許諾契約書、マニュアル(さあ始めようMS-DOS、ステップアップマニュアル、絵でわかるWindows、ユーザースリファレンスマニュアル、アクセサリガイド、日本語入力ガイド、インストールガイド)、追加FD(MS-DOS(5.0)関連3枚、MS-WINDOWS3.0関連5枚)
  31. 発売
    1991年12月

PC-H98 model80/U80ラインナップ

  1. PC-H98 model 80-002
    FDD5.25インチ×2台内蔵
    HDDなし(内蔵可)。
    価格580,000円
  2. PC-H98 model U80-002
    FDD3.5インチ×2台内蔵
    HDDなし(内蔵可)。
    価格580,000円
  3. PC-H98 model 80-040
    FDD5.25インチ×2台内蔵
    HDD40MB内蔵(SASI)。
    価格730,000円
  4. PC-H98 model U80-040
    FDD3.5インチ×2台内蔵
    HDD40MB内蔵(SASI)。
    価格730,000円
  5. PC-H98 model 80-100
    5.25インチ×2台内蔵
    HDD100MB内蔵(SCSI)。
    価格830,000円
  6. PC-H98 model U80-100
    FDD3.5インチ×2台内蔵
    HDD100MB内蔵(SCSI)。
    価格830,000円
  7. PC-H98 model 80-040W
    FDD5.25インチ×2台内蔵
    HDD40MB内蔵(SASI)。
    価格820,000円
    ※MS-DOS5.0・Windows3.0インストール済み
  8. PC-H98 model U80-040W
    FDD3.5インチ×2台内蔵
    HDD40MB内蔵(SASI)。
    価格820,000円
    ※MS-DOS5.0・Windows3.0インストール済み

価格からいっても、個人ではとても購入できないマシンだが、日本語表示、という点でいってもハイレゾモードは絶対必須になることは間違いないことで、何とか低価格で発売されることが望まれていたのである。

この問題は、1993年2月に、PC-9821Aが登場してようやく解消されたのだが、徐々に浸透しつつあったDOS/V規格ではすでに常識だった。

寸評:企業でも導入をためらうマシン

スポンサーリンク

あとがき
NECは高価なコンピュータが好きなのか、DOS/V陣営に対する危機感がなく、PC-H98に代表される高額なマシンを出し続けていた感じが否めなかった。ユーザーの98離れはこの次に出るFA/FS/FXで徐々に進行していくこととなった。
コメント
関連記事

コメントする