PC-H98T NESAバス搭載トランスポータブル

「GUI環境に対応する高性能・省スペースを実現したビジネスパソコン。」

NESAバスを搭載したH98シリーズにも片づけるのが容易なトランスポートブル機が登場しているが、いずれも恐ろしく高価で、とても個人では手が出るようなマシンではない。勿論企業とて同じであろう。

PC-H98Tスペック

  1. CPU:486SX 25MHz
  2. ROM:(H)64KB。(N)N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    model1:1.5MB
    model2:3.5MB ※2MB分はPC-H98T-B01で実装済み
    model2C:3.5MB ※2MB分はPC-H98T-B01で実装済み
  4. メインRAM増設:最大12MB
  5. ビデオRAM:model1/2 (N)256KB(H)512KB。model2C(N)512KB(H)1MB
  6. テキストRAM:16KB。
  7. テキスト表示
    (H)80×25行
    (N)80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。※切り換えて使用。
    リバース、ブレイク、シークレット、8色または16色表示(キャラクタ単位に指定可)。
  8. グラフィックス表示
    (H)1120×750ドット1画面。
    (N)640×400ドット2画面。
    (N)640×200ドット4画面。
    model1/2は本体液晶画面使用時モノクロ8階調表示。
    model2Cは本体カラー液晶画面使用時4096色中256色、1677万色中256色選択。
    外部アナログRGBディスプレイ接続時model1/2は外部CRT接続時4096色中16色、1677万色中16色表示、model2Cは4096色中256色。
  9. モノクログラフィックス表示
    (H)1120×750ドット表示。4画面。
    (N)640×400ドット8画面。
    (N)640×200ドット16画面。
  10. 画面合成:可(優先順位設定可)
  11. 漢字表示
    JIS第1水準漢字ROM、JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載。
    ユーザー定義文字188種。
    (H)40文字×25行、24×24ドット。明朝体。
    (N)40文字×25行/40文字×20行、16×16ドット。ゴシック体。
    ※テキスト/グラフィックス画面に表示可。
  12. 液晶画面:model 1/2は白黒液晶(8諧調)、model2はTFTカラー液晶。
  13. 外部CRT接続:アナログCRT接続可
  14. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DDのFDDを2台内蔵。
  15. FDD外付け用I/F:2HD
  16. HDD
    model1:内蔵可(98NOTE用)
    model2 / model 2C:HDD20MB内蔵
  17. シリアルI/F:RS232C
  18. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  19. マウスI/F:バスマウス対応
  20. サウンド:BEEP音のみ。オプションでFM音源等使用可。拡張スロット内に実装。
  21. 拡張スロット:NESAバス兼16ビットのCバス1個
  22. 外寸:(W)375×(D)450×(H)135㎜
  23. 重量
    model1:11kg
    model2:11.4kg
    model2C:12.8kg
  24. 主な添付品:ガイドブック、AC電源ケーブル、アース線、プリンタケーブル、ケーブルラベル、ケーブルカバー、サービス網一覧表、お客様登録カード、保証書、グリーティングカード他
  25. 1990年9月発売

オプションの例

  1. PC-H98T-B01:増設RAMボード。2MB。

※採用されているCPUである486SXというのは、486DXからコプロセッサを省いたもので、それ以外は同じ性能・バスを持ちます。

PC-H98Tラインナップ

  1. PC-H98T model 1:CFLエッジライト白黒液晶(8階調)メモリ標準1.5MB、最大14MB HDDなし(内蔵可)価格820,000円
  2. PC-H98T model 2:CFLエッジライト白黒液晶(8階調)メモリ標準1.5MB、最大14MB HDD20MB内蔵(ノート用HDDパック)価格980,000円
  3. PC-H98T model 2C: TFTカラー液晶(256色)メモリ標準3.5MB、最大12MB HDD20MB内蔵(ノート用HDDパック)価格1,750,000円

価格はいずれも高価で、TFTカラー液晶内蔵機は175万円もしており、如何にカラー液晶自体が高額だったかが、よく分かるだろう(しかも当時はまだフルカラー表示はできない)。

この値段では、企業ユーザーとて導入にためらってしまいそうな感があるし、企業で使用されていたのはNESAバスを採用していないノーマルなPC-9801RA等で、それで十分な役割を果たしていた。

寸評:最初で最後のH98ラップトップ機

スポンサーリンク

あとがき
大企業でも難色を示す価格設定では売れない。小型軽量化はどんどん進歩していたこともあり、NESAバス搭載のトランスポータブル機は、最初で最後となった。
コメント
関連記事

コメントする