Pentium時代のマザーボードの2代目

Pentium用ATXマザーボード PC/AT互換機の話
Pentium用ATXマザーボード

Pentium時代は割と長く、Pentium Proの方はサーバー用、という位置づけだったこともあるのか、MMX Pentiumまで続いていました。ATXが一般的になった頃のマザーボードです。

左にあるのは、付属していたCPU用のクーリングファンです。ボード上には、クーリングファン用の電源コネクタが付属し、電源ユニットからはとらなくて済むようになっています。

スポンサーリンク

バックパネル

一部には、PC98規格の音源ポートが搭載されたものもありますがまだ少数派だったと思います。

Pentium用ATXマザーボードのI/Fバックパネル

Pentium用ATXマザーボードのI/Fバックパネル

インタフェース配置は以下の通りです。

マウス USB プリンタ
キーボード
USB シリアル シリアル

まだ専用機器は少なかったとは言え、USBポートが標準で搭載されるようになっています。この頃はまだ、インタフェースコネクタの色分けは行われていませんでした。

メモリはPC100/PC133メモリを搭載できるようになっており、従来の2枚単位で増設しなければならなかった問題も解決しています。

拡張スロットは、PCIが4個、ISAが4個ありますが、そのうちの一つはPCI/ISA共用になっており、排他使用となります。

ボード上にあるインタフェースは、FDD1個、ATAPI2個となります。また、USBコネクタも用意されており、ケーブルで外へ引き出すようになり、そのためのケース取り付け用コネクタも付属するようになりました。

このボードは1997年製のもので、まもなくNECからPC98-NXが登場する年でした。当時の主力だったWindows95/WindowsNT4.0であればPentiumプロセッサで十分に事足りた時代だったわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました