PRO-486 486DX2搭載機 PC-H98よりは安いマシン

1992年11月発売のPRO-486は66MHzの486DX2を搭載したマシンで、NESAバスを搭載していないことを除けば、同時期に発売されたPC-H98model105と同スペックです。

価格はこちらの方が安いですが、PC-H98model105が998,000円、PRO-486が748,000円と、やはり個人で買うのには高価です。

EPSON PRO-486スペック

  1. CPU:i486DX2 ノーウエイト66MHz。※どちらも386DX相当 33MHz / 8MHzに切り替え可。
  2. セカンドキャッシュ:128KB内蔵(PRO-486はオプション。PRO-486Cは標準装備)
  3. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB ※ハイレゾ時はBIOS等64KB
  4. メインRAM:1.6MB。35.6MBまで拡張可 ※内部専用スロットに実装
  5. ビデオRAM:ハイレゾ時は512KB。ノーマル時は256KB。
  6. テキストRAM:12KB。
  7. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用(8色表示)。
  8. グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示。640×200ドット時は4画面に増える。
  9. ハイレゾモードグラフィックス表示時:1120×750ドット1画面4096色中16色表示 ※対応CRTが必要。
  10. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  11. FDD:3.5インチ2HD/2DD2台内蔵。FDDを前面スロット内増設可
  12. 増設FDDドライブI/F:2HD内蔵済み
  13. HDD:内蔵可
  14. シリアルI/F:RS232C
  15. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  16. マウスI/F:バスマウス
  17. CRT接続アナログRGB
  18. サウンド:BEEP音 / FM音源3音/SSG音源3音6オクターブ拡張スロット内増設可
  19. 拡張スロット:外部拡張スロット16ビットのCバス4個。内部拡張スロット(増設メモリボード用)
  20. キーロック:キーボードとリセットボタンをロック可。
  21. 寸法:392(W)*356(D)*150(H)㎜。キーボード 470(W)*180(D)*40(H)㎜
  22. 重量:キーボード 1.5kg 本体重量は機種により異なる

PRO-486:1992/11発売

  1. PRO-486:3.5インチFDD2台内蔵 HDDオプション 本体重量8.8kg 748,000円
  2. PRO-486C:3.5.インチFDD2台内蔵 HDD300MB内蔵 本体重量12.0kg 1,308,000円

PC-H98model105よりは安いですが、個人で買うのにはやはり高価ですし、企業でもどのくらい採用例があったのかは疑問です。また、HDDはまだIDEは採用されておらず、SCSI仕様です。

スポンサーリンク

あとがき
PC-h98model105と比べると、NESAが搭載されていない分、こちらの方が安くなっている。EPSONもNECからNESAバスのライセンスを得ていたというが、最後までNESAバスマシンは発売されていない。このような高価なマシンは、これで最後となった。
コメント
関連記事

コメントする