SMC-777C

SMC-777はSONYが1983年1983/3に発売した8ビット機です。本機発売前年、1982年にSMC-70という前身モデルが発売されており、FDDはオプション設定とはいえ、拡張性を重視したモデルで、定価228,000円で発売されましたが、基本性能面で欲張りすぎて高価になったこともあり、商業的には成功しませんでした。

本機は特に趣味での利用に重点を置いたホビーパソコンに分類され、当時同じくSONYが発売していたMSX規格パソコンと同様にHiTBiT(ヒットビット)のブランド名が用いられています。型番の3文字は「Sony Micro Computer」に由来します。777はソニーのオーディオ製品などヒット商品につけられていた番号です。

当時としては革新的な表現能力を搭載、翌1984年にはカラーパレット機能を標準搭載したSMC-777Cを発売、しかし、8ビット御三家が覇権を争う市場を切り崩せずに姿を消しました。

SMC-777Cスペック

  1. CPU:Z-80A(4.028MHz)
  2. RAM:64KB
  3. VRAM:グラフィック32KB、テキスト2KB、アトリビュート2KB、PCG 2KB※VRAMは、Z80の裏仕様を活用し、I/O空間にマッピングされていた(Z80は通常I/O空間を8ビットレジスタ1つで指定し、I/Oアドレ スはアドレスバスの下位8ビットに出力されるが、特定の8ビットレジスタで指定した場合レジスタペア(16ビット)の値がアドレスバスに出力されていたた め、最大64KBの空間を指定できた。国内の他社製コンピュータでも採用例がある)。
  4. FDD:3.5インチ1DD*1(2台に増設可)
  5. グラフィック:320×200ドット時に16色、640×200ドット時4色表示。カラーパレットボードを搭載することにより、RGB各16諧調・4096色中から選択可能(SMC-777Cでは標準搭載)。
  6. サウンド:PSG8オクターブ゙3重和音+BEEP音/内蔵スピーカーあり
  7. その他I/F:セントロニクス/アナログRGB(独自仕様25ピン)・ジョイスティック端子*2
  8. ボディカラー:SMC-777は黒、SMC-777Cはパールホワイト。
  9. 本体価格:148,000円(SMC-777), 168,000円(SMC-777C)

1980年代前半の8ビットパソコン普及期、画像表示はデジタルRGB8色が主流で、それ以外ではせいぜい、アナログ512色パレット中8色表示のものが一部にあった程度でしたが、本機は、カラーパレットボードを搭載すれば4096色中16色(高解像度では4色)という表現能力を備えており、当時としてはビジュアル指向を強く意識したものでした。

筐体は当時標準的だった本体・キーボード一体型で、テンキーは装備されません。他機種であればテンキーがあるべき箇所には3.5インチFDDがあります。その手前に配置されたカーソルキーは、4方向のキーを1枚の方形パッドとし、四方を押し込む形式にしたジョイパッド型で、「ホビー向け」を意識させるデザインとなっています。

また本体添付のアプリケーション及びマニュアルが破格に豊富であり、詳細なハードウェアの回路図まで付属していた点も特徴である。プログラミング環境としては当時一般的であったBASIC言語 (777-BASIC) に加え、コンピュータ入門教育用として期待されていた高級言語・LOGO (DR LOGO) が同梱されていた。他にも、簡易な表計算ソフト (MEMO) が標準添付されていた。

その一方で同梱されていたアセンブラおよびデバッガでは、ソニー独自のZ80用ニーモニックであるANN表記、BASIC等の高級言語風の表記でしたが、ザイログニーモニックに慣れていた既存のZ80プログラマたちの間では、「紛らわしい」「扱いづらい」等の評がありました。

OSとして供給されていたSONY FILERはCP/MのVer1.4互換のシステムコールを持ち、ホビーパソコンにCP/Mの概念を持ち込んだ点でも特徴的で、CP/MVer2.2はスクリーンエディタと同梱の安価なパッケージで供給され、容易にCP/Mを使用することができました(CP/Mのみの販売もあったが、高価であった)。これに関連して、CP/Mの開発者でありデジタルリサーチの社長でもあったゲイリー・キルドールをして「最高のCP/Mマシン」と言わしめたという逸話もあります。とはいえ、製品に同梱されたSONY FILER及びDR LOGO、アセンブラ、デバッガ等は、デジタルリサーチ自らによる開発であり、やや手前味噌な感は聞かれました。なお、SONY FILERのシステムコールはCP/Mと一部異なっており、ソフト互換性は高くなく、前述の開発言語を使用するにはCP/Mを別途購入する必要がありました。

市販アプリケーションとしては、海外で絶大な人気を誇ったブローダーバンドのロードランナーやチョップリフター、A.E.等のApple II市場のゲームを移植されるなどしました。

CP/M環境下のソフトウェアとしてFORTRAN、COBOL、C、Pascal、APL、Forth、Prolog、LISPといったプログラミング言語がSONY扱いで発売されました。

この時期に国内外で隆盛していたテクノミュージックブームを意識して、原始的ではあるものの内蔵PSG音源を使用したDTMソフトウェア(カミヤスタジオのラッサピアター)をいち早く同梱、発売元が家電・AV機器メーカーでもあるため、一般家庭向け製品と同種の販売戦略を展開、当時人気絶頂にあった松田聖子をイメージキャラクターに採用して、「人々のHitBit」というCMキャッチとともにパソコンに関心の無い層へのアピールを盛んに行っていました。

他のシリーズ機

またSMCシリーズはSONYの放送関連事業への強みを活かし、テロッパー(文字や画像を映像に重ねる装置)などとして放送局や製作会社などに納入され、1990年頃まで使用されていました。この際に必要となるBNC出力や、GENLOCK(ゲンロック=generator lock、映像信号との同期装置)などに対応した周辺機器が存在しています。 GENLOCKERと3.5インチFDDを標準装備したSMC-70Gが放送局用モデルとして出荷されていました。 SMCシリーズのクロックは、4.028MHzと一見半端な値であるが、映像信号と共通のクロックから得ています。

あとがき
wikipediaなどからまとめましたが、現在のVAIOのご先祖様、といっても良いくらい、当時としてはユニークな機種だったと思います。因みによいパソコン悪いパソコン(大場俊介)ではAV関係に面白いオプションがある、とありましたがどうだったのでしょうか。
関連記事