外部機器との接続インタフェース(USB他)

USB端子

バックパネルについたUSB端子:たいていの場合、複数個のUSB端子がついています。

マザーボードに用意されているインタフェースのうち、外部機器接続と関係するものを取り上げます。その中でもUSBは1994年にはすでに規格が設定されていたようで、現在では全てのOSでサポートされています。

登場当初は、マザーボードに端子が 用意されていても別途コネクタを買わなければいけなかったり、マニュアルでの解説がなかったりすることが何故か多かったです。現在では、全てのマザーボー ドのバックパネルに並んでおり、外部へ引き出すための端子も用意されています(ケースの前面に端子を取り付ける場合用)。

USBは当時の1.0から2.0へアップグレードされ、速度向上が大幅に図られましたが、勿論互換性は保たれています。ホットプラグといって、電源を切らなくても接続コードを抜き差しできるのが便利です。汎用性が高く、これを使った機器は大変に多く、プリンタ・スキャナ・サウンド・テレビチューナー等の接続用としても使われています。

現在はさらに高速化したUSB3.0規格が策定され、青い端子でマザーボードに搭載され、増設I/Fカードもありますが、既存のUSB1.*/2.*規格との互換性も保たれています。


USB cable / oskay

外部へUSBコネクタを引き出すためのコネクタ

ここへコードを差し込み、ケースのバックやケース前面にUSB端子があればそこへ引き出すこともできます。また、ケースのドライブベイに取り付けられるUSB機器(USB端子やメモリスティックスロット等)が発売されています(コンパネなどの商品名)。

外部へUSBコネクタを引き出すためのコネクタ

後ろに引き出すためのコードは、別売で用意されています。

NO Images

IEEE1394:汎用のシリアルバスの一つですが、主にビデオカメラ/デジカメ接続用としての利用が多いです(これらも大半がUSB接続できる)。

NO images

LAN端子:インターネットでブロードバンド接続(ADSL/FTTH)するのに必要なインタフェースですが、ルーターを使って他のパソコンと繋ぎ、データの交換をすることができます。現在は複数のPC所有が多くなってきていますが、このような目的にも使われます。豪華なマザーボードでは2個端子が用意されていることもあります。

LAN端子

これら新しいデバイスはマザーボードに装備されるようになってきていますが、P3時代以前の機種で標準装備されていない場合は拡張カードで使用することができます。

SATA端子

外部接続用のSATA規格のハードディスクを接続させるためのものです。

(NO Images)

レガシーインタフェース

PS/2コネクタ:IBMのPS/2に装備されていたコネクタで、現在でもキーボード/マウス接続に使われます。現在、キーボードはパープル、マウスはグリーンと色分けされ、間違えないように配慮されています。

PS/2コネクタ

パラレルポート:主にプリンタ接続用インタフェースで、セントロニクス社規格のものです。最近はプリンタ接続もUSBでできるためか、装備されなくなったマザーボードも出ています。

パラレルポート

RS232C:ブロードバンドになる前、ダイヤルアップ接続で必要なインタフェースですが、ブロードバンド接続が普及してくると段々搭載されない方向に向かっています。興味のない方には関係ありませんが、望遠鏡コントローラ接続インタフェースは一部にLAN接続があるのみで(ビクセンスターブック)、他は全てRS232C接続なのが現状です。

RS232C

マルチインタフェースカード

少し古いタイプのマザーボードで、USB2.0やLAN端子が装備されていない場合は、マルチインタフェースカードを取り付けることで対応できます。

PCIバス用のカードで、USB2.0、LAN、IEEE1394を備えています。(アイオーデータ製品、現在は生産中止)

PCI対応マルチカード

ボード上には、USB2.0端子を前面に引き出すための端子もあります(コードは別売)。

バックにでている端子です。

バックの端子

左から、IEEE1394×2、USB2.0×2、LAN、の各端子です。

なお、市販されているカードはマルチカードではなく、USB2.0だけ増設ずるもの、LAN専用のカードなどもあります。

現在ごく当たり前に使われているUSBは、上位互換性のあるUSB3も搭載されているが、市販のケースには何故かケーブルが付属していない場合があり、この場合別途購入する必要があるのでよく確認しておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました