Vixen 2011年カレンダー

Vixenから、2011年度カレンダーが届きました。掲載写真のデータは以下のようになっています。

これらの写真を見ると皆さんかなり時間をかけて(勿論費用もかかるが)夜遅くまでやっているということが分かります。

表紙 「M8 & M20」 永井 龍夫  氏
1月 「冬宙を舞う」 内山 暁    氏
2月 「桜島星景」 佐伯 和久  氏
3月 「C⁄2009 R1」 豊田 康夫  氏
4月 「子持ち銀河 M51」 北澤 直彦  氏
5月 「国際宇宙ステーションの飛翔」 竹下 育男  氏
6月 「星降る大地」 本多 真奈美 氏
7月 「北アメリカ星雲とペリカン星雲」 斎藤 博    氏
8月 「さそりを貫く火球」 藤内 修二  氏
9月 「月面」 山野井 理  氏
10月 「IC1396からSh2-129」 加藤 敬幸  氏
11月 「イースター島日食ハイライト」 吉野 幸宏  氏
12月 「皆既月食(地球の影)」 青柳 信一  氏

この中で、子持ち銀河M51は、2010年2月18日21時56分より330分間(5.5時間)の露光時間をかけて八ヶ岳観測所で撮られたものということで、筆者にはとてもできないことです。

11月のイースター島日食ハイライトは、2010年7月11日14時8分から2分19秒間、94枚合成によって得られたものということで、コロナ画像の描写などが見事だと思います。

最後のページは2011年天体現象ですが、6月2日の早朝日食などが載っています。また、6月16日皆既日食の月没帯食も載っています。

スポンサーリンク

あとがき
カレンダーの値段は1,785円でビクセンマーケッティングや望遠鏡販売店などで販売されていますが、ビクセンワンダーくらぶトナかいの正会員には無料送付されます。
関連記事