Vixen SXP/ポラリエ 2011/11/30より発売

今年のCP+で参考出展されていたVixen SXP赤道儀とポータブル赤道儀ポラリエは、2011/11/30より発売開始されるようで、協栄産業では早くも予約が始まっています。いずれも東日本大震災の影響で数ヶ月程度発売が遅れていました。

メーカーからの発表は以下の通りでした。

SXP赤道儀、星空雲台ポラリエ発売時期のお知らせ -11.07.08

今春パシフィコ横浜にて開催のCP+展示会で発表いたしました弊社の新製品、パルスモーター搭載の「SXP赤道儀」およびポータブル赤道儀「星空雲台 ポラリエ」の発売時期に関するお問い合わせを現在多数いただいております。誠にありがとうございます。

「SXP赤道儀」は、東日本大震災の影響により一部の構成部品調達に大幅な遅れが出ており、製造が遅れております。現時点で今年11月末の発売を予定しております。

「星空雲台 ポラリエ」につきましても、現時点で11月末の発売を予定しております。CP+展示会発表時のプロトタイプに機能改良を加え、現在量産体制を整えております。

発売までにお時間をいただくこととなりまして、誠に申し訳ございません。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

SXPはご存じの通り、AXDのダウンサイジングした赤道儀で、SXDのモーターをパルスモーター(ステッピングモーター)に変更し、コントローラにはSTARBBOOK TEN(3代目星本)とした他、アリミゾはオプションとして他社鏡筒も搭載しやすくしたものです。SXシリーズでも3代目にあたり、今回の東日本大震災はこういったところにも影響があったわけです。

当初9月ともいわれていましたが、約2,3ヶ月遅れ、11月末より発売開始されました。

1.ポラリエ

星空速度(恒星時追尾):星座や天の川の撮影に。

風景速度(1/2倍速追尾):星空の入った風景撮影に。

月速度:月の撮影に。

日食撮影に便利な太陽速度:神秘的な日食の撮影に。

(メーカーサイトより)

カメラ三脚にも取り付けられるカメラ雲台「ポラリエ」は、約800gと軽量、カメラサイズの大きさで、電源も単三乾電池2本で2時間稼働します。レンズの焦点距離は広角から100mmまでカバーしており、4つのモーター速度があります。

バックライト付きスイッチを装備し暗い中の撮影も操作がスムーズに行え、モーターは応答性のよいパルスモーターを使用しています。

なお、専用三脚として、「三脚 M-178V」31,500(税抜30,000)円、また極軸望遠鏡「ポラリエ極軸望遠鏡」17,850(税抜17,000)円、三脚と極軸望遠鏡のセット品「星空雲台ポラリエ(WT)・三脚セット」 68,250(税抜\ 65,000)円も合わせて発売されます。

2.SXP赤道儀シリーズ

今年の胎内星まつりでも参考出展されていたもので、デザインはSXWと同じですが中身は全く異なりステッピングモーターを使用しコントローラーはStarBookTENで行う、AXDのジュニア版、といった方が合います。子午線越えの対策(従来、反転が必要になった場面でも回避が可能)、P-PEC等、AXDで採用された機能があります。これまでは、メスアリが本体一体型でしたが後付方式に変わり、別途プレートホルダーSXを取り付ける方式に変わっています。また、モーターカバーはSXDまではプラスチック製でしたが、SXPでは本体一体型になりモーターが収まっている部分はビス止めカバーになっています。ベアリングは15個使用しておりこれは以前あったSB版アトラクスよりも多く使用されています。

StarBookTENは、拡張スロットがありここに取り付けられるビルトイン型拡張ユニット「アドバンスユニット」が発売予定となっています。

SXP単体で購入する場合は、別途、三脚/ピラー脚、プレートホルダーSXが別途必要です。これらは従来のSXシリーズ用のものを使用します。電源は別途ACアダプタか、バッテリを使用します。発電機の使用は安定性の点から、メーカーでは推奨していません。

SXP赤道儀と鏡筒のセット品は、SXDと同じものがラインされ、いずれも写真撮影を意識した内容です。AXDのセットとは異なり接眼レンズが付属するので、すぐに観測に使えます。

SXP-AX103L:826,350 円

SXP-ED103S:679,350 円

SXP-ED115S:768,600 円

SXP-R200SS:633,150 円

SXP-VC200L:593,250 円

SXP単体:399,000 円

SXG-HAL三脚:31,500 円

SXGピラー脚:P-8571,400 円

プレートホルダーSX:5,250 円

※いずれも定価ですが、店頭では値引きがあるので、販売店のサイトも参考にして下さい。

Vixen SXPのページ

Vixen ポラリエのページ

協栄産業サイト

ビクセンマーケッティング

スポンサーリンク

あとがき
SXP赤道儀はAXDのダウンサイジング機、ポラリエはポータブル赤道儀で手軽に持って行けることが特徴で、どちらも動力にはパルスモーターが使用されている。
関連記事