X68000 Compact CompactXVI

X68000 Compactは、基本部分はX68000 XVIと同じですが、FDDを3.5インチ2HD/2DD兼用としたもので、これによりシングルタワー化されて44%も横幅が薄型化されました。

この頃になると、初代機から6年近くも経過し、競争力がほとんどなくなってきていました。なお、CompactXVIの愛称で呼ばれています。

X68000 Compact

  1. 型番:X68000 Compact(CZ-674C)
  2. メインCPU:68000(16MHz)※10MHz切り替え可
  3. サブCPU:80C51(キーボードスキャン/テレビコントロール用)
  4. IPL/BIOS ROM:128KB
  5. キャラクタジェネレータROM:786KB
  6. 16*16ドット,24*24ドット 全角(JIS第1/第2水準漢字)/8*16ドット,12*24ドット(半角)/8*8ドット,12*12ドット1/4(角)
  7. メインRAM:2MB(最大12MB)
  8. テキスト用VRAM:512KB(ビットマップ方式)
  9. グラフィック用VRAM:512KB(ビットマップ方式)
  10. スプライト用VRAM:32KB
  11. スタティックRAM:16KB
  12. テキスト表示:1024*1024ドット 4プレーン
  13. グラフィック表示:1024*1024ドット 4プレーン/512*512ドット 16プレーン
  14. グラフィックス高解像度モード:768×512ドット、512×512ドット、 512×256ドット、256×256 ドット
  15. グラフィックスドット毎に指定可能な色数:実画面1024×1024ドット16色/65536色、実画面512×512ドット65536色 (1面)、256色/65536色 (2面)、16色/65536色 (4面)
  16. 標準解像度モード:512×256ドット、256×256 ドット、512×512ドット(インターレース)
  17. FM音源:ステレオ8オクターブ8重和音同時出力
  18. 音声合成:AD PCM(Adaptive Differential PCM)
  19. FDD:1MB 3.5インチFDD2基搭載(オートロード/オートイジェクト)
  20. キーボードASCII準拠フルキーボード(同梱)
  21. マウストラックボール(同梱)
  22. プリンタI/F(セントロニクス社仕様に準拠)
  23. ジョイスティックI/F(アタリ規格、2個)
  24. RS-232C I/F
  25. 外部フロッピーディスクI/F
  26. SCSI I/F
  27. マウスI/F
  28. テレビコントロール
  29. アナログRGB出力
  30. 音声ライン入出力
  31. イメージ入力端子
  32. 立体視端子
  33. OS/BASIC:Human68k/X-BASIC
  34. 拡張スロット:2スロット内蔵
  35. サイズ:本体78*260*331㎜ 4.2kg。キーボード380*170*30(キートップ含む)㎜ 0.95kg。マウス63*97*37㎜ 0.11kg
  36. 電源:AC100V50/60Hz 44W(待機時10W以下)
  37. 主な添付品:オリジナルOS(Human68k)、オリジナルBASIC(X-BASIC)辞書ディスク、日本語ワードプロセッサ、辞書ユーティリティ

ボディカラーはグレーのみです。

ラインナップ:発売1992年2月

X68000 Compact:298,000円 HDDオプション メモリ2MB

1992年は、DOS/Vマシンが相次いで参入しており、特にコンパックショックと呼ばれる低価格機の投入はNECにとってはショックが大きかったらしく、これが後にPC-9821投入へと繋がっていきます。

長期間ハードスペック、特にCPUのバージョンアップが常に先送りにされて来たことにより、非常に厳しいポジションに置かれていたのが本機で、後から追い上げてきたFMTOWNSにかなりユーザーを食われてしまい、アップルの低価格Macの登場などもあり、非常にダメージが大きかったといわれています。

この頃になると力尽きてきたのか、シャープもようやくCPUの変更を決めたらしく、X68030の登場が近くなっていました。

スポンサーリンク

あとがき
時代の流れもあり、3.5インチFDDモデルもラインナップ。すでにPC-9801とDOS/Vの競争が激しくなる時期が近づいてきており、そういったこともあって、ほとんど競争力はなくなってしまっていた。
関連記事
前のページ:≪ X68000 XVI
次のページ:X68030 最後のX68000シリーズ ≫