Xperia10IIIの機能ボタン他

Xperia10III背面

docomoネットショップオリジナルカラーのくすんだ黄色バージョンだが、docomo携帯に共通する本体に「docomo」の文字、5G対応機共通の「>>5G」文字が書いてあることである。

カメラは3つのレンズと左にフラッシュがついている。カメラアプリで切り替えて使うことになる。

スポンサーリンク

Xperia10の機能ボタンと端子

Xperia10IIIに配置されているボタン

真横にあるボタンは音量ボタン、電源スイッチの銀ボタン、そしてGoogleアシスタントボタンが並んでいる。

音量ボタンを押すと画面にボリューム調整が現れ、ボタンを上に押すと音量が上がり、下に押すと下がるようになっている。

銀のボタンは電源スイッチと指紋センサー共用となっている。電源立ち上げ時は指紋認証はできず、必ず4桁の暗証番号を入力する必要がある。スリープモードから復帰するときは指紋認証できるが、失敗するとやはり4桁の暗証番号を入力する必要がある。

Googleアシスタントボタンを押すと、音声で操作をアシスタントするGoogleアシスタントが立ち上がる。音声認識は100%完全ではなく、失敗することもあった。

Xperia10IIIの上部

上側には小さい穴が内蔵スピーカー、大きい方はマイクロホン端子で、これは外部スピーカー接続も兼ねている。ここにはヘッドホンを接続して音楽を聴くこともできる。

スマホを顔に近づけるのは健康上よくないと言う人もいて、マイクロホンで通話する人もいる。

スマホを顔に当てて通話しない方法は、スピーカーホンのモードに切り替える方法もある。

Xperia10III下側下側にあるのは本体マイクロホンとUSB-C端子。

USB-C端子にはACアダプタを接続して充電する、またUSBケーブルでPCと接続してPCから充電したり、データ通信(データ転送、テザリングなど)をすることができる。ここにはテレビ画面等とHDMI接続して大画面で見ることが可能という話もあるがこれは未確認。

コメント

USB-C端子とPC接続してテザリングを行うと、必然的にデータ通信量が多くなるので、5Gギガホなどの契約をしておいた方がよい。ギガライトではギガホより月料金が高くなることもある。

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました