ビクセンAXJ赤道儀or全周エンコーダー

ビクセンからAXJ赤道儀が2017年11月30日に発売され、とりあえず赤道儀単体だけが発売されています。そのため購入した場合、すぐに使用できるようにSX用のSXG-HAL130三脚に載せられるようになっており、オプションのAXJ-TR変換ADセットを使用してAXD用のAXD-TR102三脚にも載せられるようになっています。

専用アルミポール三脚が間に合わなかったためこのような形になったようです。中には、AP赤道儀用の三脚に載せている強者ユーザーもいますが、これは想定外の使い方になります。

続きを読む "ビクセンAXJ赤道儀or全周エンコーダー"

スターショップ2016/11/28で閉店 誠報社時代からの歴史に幕を閉じる

ご存じの方も多いかとは思いますが、1975年に誠報社光学事業部として開店、2011年に光学事業部が「スターショップ」として独立しましたが、今年11月28日をもって閉店しました。40年近い歴史に幕を閉じたことになります。

スターショップとして独立するときも誠報社の名前を引き継ぎたかったが、諸般の事情で叶わなかったということで、社内でもいろいろな事情があったようです。

あとは、この近郊にある天文ショップは、協栄産業、スターベース、趣味人、三基光学館くらいしか思い浮かばなくなりました。

続きを読む "スターショップ2016/11/28で閉店 誠報社時代からの歴史に幕を閉じる"

Meade LX70 何処かで見たような赤道儀だが...

LX70MC6.jpg

Meade社の望遠鏡といえば、LX200系のようなフォークアーム形の大型望遠鏡を連想させますし、OTAを取り外せないようにできています。過去にはLXDシリーズのようなドイツ形赤道儀も発売していましたが、基本的にOTAの別売がないのが基本でした。

今回発売されたLX70系は、赤道儀とのセット販売の他、OTA単体や赤道儀単体での販売もあり、OTAは4種類ラインされています。デザインを見て、あれ、何処かで見たような...と思う人も多いと思います。

続きを読む "Meade LX70 何処かで見たような赤道儀だが..."

CELESTRON CGX赤道儀はベルト駆動方式

CELESTRONCGX01.jpg

CELESTRONからはフォークアーム形も出ていますが、どちらかといえばドイツ形赤道儀の方に熱心で、今回発売されたCGX赤道儀もその一つといえるのではないでしょうか。

赤道儀にしても経緯台にしても歯車をかみ合わせたギア方式が普通ですが、CGX赤道儀はベルト駆動方式を採用しています。

続きを読む "CELESTRON CGX赤道儀はベルト駆動方式"

CELESTRON CGEMⅡ赤道儀について

CELESTRONCGEM201.jpg

CELESTRON CGEMⅡシリーズ

セレストロン(CELESTRON)のドイツ形赤道儀には、CGEシリーズがあり、そのミドル赤道儀といえるのがCGEMです。これにはPCとの接続ができますが、RS-232Cコネクタなので、別途USB変換ケーブルを購入してドライバをPCにインストールしておく必要があります。

今回発表されたCGEMⅡは、RS232Cに換わってUSBコネクタが搭載されたこと、またアリミゾはCGE規格の大型アリミゾとビクセン規格のアリミゾを兼用した形になりました。

続きを読む "CELESTRON CGEMⅡ赤道儀について"

Archives